FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

≫ちょっと旨いもの

山の麓の櫻珈琲煎房

櫻珈琲煎房

札幌市内の西部を南北に貫き、南区の川沿辺りで西にカーブを描き奥座敷の「定山渓」を抜け中山峠からスキーのメッカ「ルスツ」「ニセコ」へ続く石山通。そのカーブの手前辺りの西側に、札幌名物の藻岩山がそびえている。
藻岩山の頂上へ続く、観光道路の入口に向かう麓の坂道の途中にひっそりと「櫻珈琲煎房」がある。そんなに大きい看板があるでなし、市内から徒歩で行くような場所でもない。自家用車かタクシーしか交通手段は無い。が、小さな立て看板に従い、最後の狭い路地を抜けた先に木立に囲まれてシックな建物が見えて来る。
櫻珈琲煎房店内2F_1

櫻珈琲煎房店内2F_2
もう何年も前から、札幌滞在中に一度は必ず訪れ珈琲をいただく。近年、評判が定着しお客が増えたよう。窓の外の緑を眺めながら、ゆっくり落ち着いた時間を過ごしていたが、最近はちょっと話し声が煩い。
櫻珈琲煎房テラス
テラス席もあるのだから、騒ぎたい客は外に出て欲しい。などとも思う。

櫻珈琲煎房ピアノ
この店の特徴は、崖に面して作られているため背の高い木立の緑の眺めが良い事。
曜日時間帯によって、ピアノその他の楽器によるライブ演奏が聴ける事。ライブ演奏と他人の会話は問題外に違うのだな…

櫻珈琲煎房水出しアイスコーヒー
ここのアイスコーヒーは、水出しである事に加えやはり豆が良い。間違いなくガム抜く・ミルク抜くのブラックで飲むべきで、厚みはあるが上品な苦みとそれをよりマイルドにしてくれる、豆そのものが持つ甘味が口中に広がる。
氷が解け、コーヒーが薄まらないうちに飲みきれるよう、グラスそのものは小降りである上に氷はクラッシュアイスではなく、あえて角氷が使用されている。それは、水出しされたコーヒーそのものは事前に冷蔵庫で良く冷やされ、温くならないようにするためだけの氷なのだろう。そのような意図が隠されているように思える理由がもうひとつ。
水出しアイスコーヒー二は、2杯目が付くからだ。「お代わり」ではない。
2杯目の分は二重構造の陶器の容器に入って来る。二重構造の間には氷水が入り、コーヒーそのものに氷は浮かばせず一杯分のコーヒーを氷温近くまで冷やしてくれる。
2杯目が充分に冷やされているから、最初のグラスに氷の追加はいらず最後まで同じ濃さ、水っぽくならずに飲みきる事が出来る。

このシステムは大変良くできている。まぁまぁコーヒー専門店に入って来て入るが、これほど良くできたシステムの店はこの櫻珈琲煎房が初めてだ。

ウッディな建物と窓外の緑、あるいは雪か、落ち着いた空間で良くできたコーヒーを、スイーツ好きにもサプライ図は用意されている。札幌にいるなら一度くらいは行くべき店だと思う。

ふれあい通り kei楽

kei楽_数量限定山形庄内産豚レバー定食
家の近所で、もう何回行ったか覚えていないが「ここぞと云う時」のとっておきの店が、清瀬駅南口商店街「ふれあい通り」の終端近くにあるレバニラ定食 kei楽だ。

最近では、食べログでも高評価を得たり、TVの「途中下車の旅」で紹介されたりで評判も呼び、曜日と時間を間違えると店は一杯でしばし待たされる事も多々ある。
実際、行ってみると食べログのステッカーが張ってあったり、途中下車~のレポーターだった舞の海とのツーショットが飾ってあったりする。

この店一番のお勧めが、上の写真の「数量限定山形庄内産豚レバー定食」だ。数量限定ゆえ、日によっては本当に売り切れの日もある。
(色つやが悪い写真で、あまり旨そうに見えないかも知れないが絶品です!)

もやし・人参の細切り・キクラゲ等を、甘さを控えた醤油風味でシャキシャキに炒め、衣を付けて揚げた豚レバーを絡めてある。量も、一般的な中華料理屋の野菜炒めの倍近くはあるだろうか?
それに、ご飯・中華スープ・漬け物がセットになっている。豚レバーがジューシーで、ご飯を美味しく食べられる。
この他に、限定では「茨城県産」なんてのもあったっけ。

kei楽_国産豚レバーとピーマンの甘酢定食
連れが注文した「国産豚レバーとピーマンの甘酢定食」は、日替わりの「本日のオススメ品」の中の一品。写真はフルサイズだが、基本が量を控えめのハーフサイズで650円。ランチでもないのにこの値段は、夕飯としてはかなり格安に思う。
(こっちは、テラテラ光り過ぎで、商品サンブルみたい!?)

◯◯県産と、産地をこだわったレバーではないが、過不足ない味付けは産地のこだわりなど関係なくしてくれる。…って事は、庄内産にこだわる必要は無いってか!?
まぁ、違いの分からぬ男の良いわけではないが、味付けによる向き不向きと云うものもあるし、マスターが味と値段を考えた結果の選択だと理解している。

この、甘酢で炒めてある事と写真を観て分かるように、大量に入っているピーマンは非常にビタミンCが豊富。寒い冬の帰宅の途中、特に独身者がビールを先に注文し一杯やってから食べるに、量も中身的にもちょうど良いかも。レバーでスタミナ、甘酢で疲れをとり、ビタミンCで風対策。良い食材の組み合わせだと思う。

実際はこの店、近隣の人…多分徒歩圏内の客がかなりのパーセンテージを占めていると思う。大概の客はふたり連れ以上。
フロア…つーか、夜はカウンター担当のアルバイトの女性が1人いるが、厨房はマスターひとりなので料理の出が遅い。一人分ずつしか料理は出て来ないので、3人以上で入ると1人目が食べ終わった後に3人目以降の料理が出てくる可能性も!多人数で入った場合、料理のシェアを考えて注文すると良いかも。要するに、メニューが被らないようにするって事。
シェアし易いように、最初から取り皿を出してくれるしね。

TVでは、舞の海に「無愛想」とか「不機嫌」みたいな事を云われたマスターだけど、あれは多分人見知りでしょう。やる事はちゃんとやるってる仕事人ですよ、マスターは。

最後にひと言。…舞の海の方が、誰彼構わず愛嬌笑いし過ぎだつ~の(^_^;

kei楽の蝦夷鹿

kei楽・蝦夷鹿レバー唐揚げ定食
清瀬駅南口、ふれあい通りにある「kei楽」はわが家にとってはとっておきの店。「ガッツのつくものを食べに行くか!」となった時の第1候補がこの店なのだ。

毎月第4火曜日は「蝦夷鹿の日」と言っていたかは忘れたが、蝦夷鹿のレバーを使ったメニュー2品が食べられる。
いつも、蝦夷鹿を食べたいと思いつつ、いつも忘れていて次こそは!と思うのだが、先日はたまたま食事に行ったのが第4火曜日で蝦夷鹿メニューを注文する事ができた。

メニューは、普通のレバニラと写真の唐揚げが選べる。
鶏なのか豚なのか、種類にも寄るしその日の食べたい気持ちにも拠るが、蝦夷鹿レバーに関してはこの唐揚げが合っているように思う。
食用家畜と違って、野生の獣は肉質のクセと臭みを取りざたされる事も多いが、実際は鮮度さえ高ければそうした事は無い。
このレバーも、臭みは一切無く大変食べ易い。
食感としては、鶏レバーより粘りが無く豚に近い感じか?粘りが無いからと云って、パサパサしているわけでもない。
いろいろ話題な食べログを覗くと、味付けはどこの定食屋さんでもだしてる普通の味と書いているレビュアーがいたりもするが、レバニラ系はそれが当たり前で何を期待したのだろう?
味付けよりも、レバーの鮮度や下処理の丁寧さを感じ取るべきである。
レバニラはレバニラであってどこでも定番のメニュー。
レバニラを注文したのに、レバーとニラの入ってる別の料理が出て来たら其れこそがっかりしないか?
変わったものを食べたいのなら、定食屋に行ってはいけない。

この唐揚げはレモンをさっとかけ和芥子をちょいとつけて食べると非常に爽やかな風味になり、ご飯が進む事進む事!
他にも、甘酢炒めのメニューもあるから、基本3種の調理法で作られた各種レバー料理の定食屋と見れば、都心に出てもおいそれとは出会えない貴重な店と言い切る事ができると思う。

西川口 居酒屋・玉金

西川口_居酒屋・玉金
生まれてこのかたず~っと西武沿線育ちで、立ち回り先は新宿だったり池袋・所沢と沿線ばかり。
青春期にして学校帰りに立ち寄った吉祥寺・西荻・三鷹などは、JR中央線だが西武沿線からのアクセスは簡単だった。
友人と飲み会があっても都心方面である事がほとんどで、埼玉県で飲む、なんて事は上記の所沢以外はあり得なかった。だいたい、町を良く知らないしねぇ

ところが最近は、Webを利用したグルメ探しも簡単になり、実際に食べログやぐるなびなどを大変活用させてもらっている。
そして、ごく最近ではクーポンサイトが大流行?自分は良く利用してますが…
で、ついこの間グルーポンで西川口駅前の良さげな店を発見しクーポン購入。友人と3人で行って来た。…行ってみたら、貸し切りで入れなかった…電話の一本も入れておけば…
で、急遽代替の店を探そうと思ったが、携帯電話の検索ではなかなか高評価の店は見つけにくい。
スマホならば、もっと簡単なのだろうけどね。

見知らぬ西口駅前の通りを行ったり来たりして、店構えからお店の質を吟味してみる。
長く吞兵衛をやってると、外観からだいたいの事は類推できるものなのですよ。あまり外れは無いな。

奥に深い構造の店で、入って左側は小上がりのような座敷。右側がテーブル席のフロア。
選べる場合、一見の店ではテーブルを選ぶと良い。注文そのものやトイレに立つ時、その他いろんな状況で居心地がテーブルの方が良い。

この店は元々が揚げ物・焼き鳥の店らしく、数多いそれらメニューが並ぶが、「大間のマグロ」など築地市場を匂わせ「魚も得意」と思わせようとしているが、あくまでもメインは揚げ物系の店だ。それは、似通った傾向の揚げ物・串物のメニューを見れば良く判る。得意でなければ、そんなにメニューに載せないものだよ。
玉金 鰹のたたき
食べかけ(;^_^の鰹のたたき。本当は5切れ載っている。
玉金 メニュー名忘れ
これもちょっと食べてしまった、メニュー名を忘れた料理。鶏のガーリック・ソテーだったかなぁ?レモンの上に添えられてるのは柚子胡椒。
その他、下仁田ネギのヌタだったかな?とか、銀杏の素揚げなどちょっと気の利いたメニューもたくさん。

テーブに着いて、まず注文しようとメニューを見て驚いたのが「ポン酒がないっ!」
ハイボールや焼酎・チューハイはあっても、ポン酒が全くない。友人たちと「変わった店もあるもんだ」と嘆いていたら、実はラミネートされたメニューのページが張り付いて捲れなかっただけと後に判明。まぁ、笑い話っちゃ笑い話だが、店側の清掃やサービスと云う観念からするとなんとかしなくちゃ行けない箇所とも云える。
でも、かなりの銘柄のポン酒を取り揃えていたので許しますよ。呑兵衛だからね~

かなりの数のメニューを注文したが、どれもなかなか、な~んだと思わせる悪い物は無い。
若者に迎合した、変わり者メニューも無い。
レストランのような食事メインではなく、酒を飲み話しに熱中するための居酒屋なのだから、驚くような料理でなくていい。それでいながら「次なに注文する?」と楽しめる品数の豊かさ。
駅前に降りて、まず最初のイメージのローカルさから侮り難い名店に思えた居酒屋だった。

kei楽 ぷりぷり鶏焼

kei楽_ぷりぷり鶏焼(タレ)
最近結構頻繁に通っているkei楽。とは云っても半月か三週に一度くらいか…?
遊びに来た義弟が久しぶりに行きたいと云うので、夜の部開始の五時半を待って食べに行った。
開店早々だったので先客はいず一番乗り。予定していた「ぷりぷり鶏焼タレ」と「チャーハン」を頼む。
近所の徒歩圏内に数軒の中華料理店はあるが、どこのチャーハンよりもkei楽のチャーハンは旨い。
ただし、ぷりぷり鶏焼をタレで頼んだのは失敗だったかも。
この甘辛タレには白いご飯が良い。いくらでも食べられるぞ!

kei楽_ぷりぷり鶏唐揚げ
鶏焼もそうだけど、このぷりぷり鶏唐揚げも肉の形状が特殊だ。
写真を観ても分かる通り、斜めにそぎ切りしているような細長形状。
塊状の一般的な切り方も良いが、この薄切りのような厚さは、薄衣のサクサク感も味わえ微妙な旨さを感じる。

今回は嫁と義弟の三人で行き計4品頼んだが、相変わらずどれをとっても美味しい。
近所にあって本当に幸せだと感じた。

«  | HOME |  »

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する