@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

大吟醸米代

大吟醸米代
全量山田錦の大吟醸「米代」だ。元来、秋田県の酒とは相性がよく無いと云うか、まともな酒にであった事が無かった。
雑味ばかりだったり、水っぽかったり、客を舐めんなよっ!! と云いたくなるようなひどい酒も多かった。
だが、この米代は俗にいう純米酒のようなコクがあり、大吟醸ならではの香りが高い。後味もさっぱりで、山田錦100%なのだから当たり前と云えば当たり前なのだ。だが昨今、この当たり前を出来ない酒蔵が多い。
吟醸酒だからと云って、醸造アルコールを使用して行けないわけではない。純米で上手に酒を造って、度数調整に醸造アルコールを使用し、馴染むまで熟成させて出荷すれば良いのだ。
何故か最近は、吟醸っぽい純米酒、吟醸なのに水っぽい、酒造りが下手になっているような気がしてならない。
いつもいつも、純米大吟醸を飲める人は少ないのだから、値段なりの手間の掛け方で酒らしい酒を造ってくれないかなぁ?そう思う。

例の如く、この酒蔵「北鹿」は初めて出会う酒蔵。
大吟醸だが、コクの高さからぬる燗ぐらいでもいけるかな? と思わせる。晩酌に良し、一人静かに酔っぱらう。そんな感じか…

株式会社北鹿 秋田県大館市有浦2-2-3
原材料: 山田錦100% 、米こうじ、醸造アルコール 精米歩合: 50%

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/88-ff373650

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する