FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

木綿屋男山 寒酒

男山寒酒
これは北海道旭川にある、本家男山の本醸造。
久しぶりに、酒らしい酒を飲んだなぁと云う気分。これまでも何銘柄か書いて来た、吟醸酒のような純米酒。それらはなんか違うなぁ、と云う印象が強かった。純米酒なら純米酒らしくせいっ!! そんな感じ。淡麗な純米酒は「吟醸酒」でしょう、純米酒に「淡麗」なんて文字を入れる必要は無いと云うか、作らなくて良い。
そんなに「純米」と云う文字がありがたいのか!? 醸造アルコールを添加しても、酒造りが上手ならば旨い酒はいくらでも作れるもの。「純米淡麗」なんて、ごまかしの様でいただけない。

そんな、ごまかし的な酒が増えたなか、この寒酒は本醸造ながら飲ませてくれる。醸造アルコール添加ながら、いっさいアルコール臭くなく雑味無く旨味が豊かでさっぱりしている。甘口にしているとありながら、べたべたとした後味は無く、とても四合1000円以下で飲める酒とは思えないほど旨い。
やれば出来るんだよなぁ?と云うのが、本当にひと言の感想だ。
他の多くの酒蔵も見習って欲しい、そう思う逸品だ。

木綿屋男山本家 男山株式会社 北海道旭川市永山二条七丁目
原材料: 米・米こうじ・醸造アルコール 精米歩合: 60% 日本酒度: -2 酸度: 1.3 アミノ酸: 0.8
アルコール分: 13度
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/85-e8741c9a

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する