@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

自転車正面衝突-2

事故話しの続き…

小学生君のヘッドパッドを受け、瞬間的にも記憶を飛ばしたわけではない。衝突直前からの、目前の光景は今もありありと覚えている。
ブロック塀の切れ目から、自分のポジションよりも低い位置から黒っぽい塊が飛び出て来た。瞬間的に対向車である事を判断できた。そして、とっさのフルブレーキング。結局それも間に合わず、前方斜めから突っ込まれた。
小学生君の自転車のフロントタイヤが、僕の自転車のフレームにぶつかり勢いが止まったのだろう。だが、運動量保存則に従い小学生君の身体は前方へ飛ぶ。その飛んで来る姿は衝突の瞬間まで見えていた。黒い物体が右目の目前に…
「ガイ?ン!!」なのか「バコ?ン!!」なのか? どんな擬音が当てはまるか判らない。次の瞬間、目に入ったのが小学生君がもんどりうって尻餅をついている姿。「ぎゃぁ?」なのか「痛てぇ?」なのか、とにかく騒ぐ相手。この辺りから、相手が子供である事に気付く。そして、自分は転ばず自身の自転車を跨ぐように中腰でいる事を。次の瞬間、右目付近に痛みが走り、グローブをしたままの右手で右目付近を覆う。
ズキンズキン! と鈍い痛み。~⏋字型に腰を90°ほど折った状態で痛みを堪えていると、右手の隙間から血がポトッポトッと滴ってくる。わずか1?2分と思われる間に、直下のアスファルトに直径10cmほどの血だまりが出来る。
その頃になって、少し冷静さを取り戻した少年が「大丈夫ですか?大丈夫ですか?」と、僕の事を心配して声をかけてくる。見える左目を向けると、小学生君の右のおでこにたんこぶが出来ている。その両目はすでにもう、泣きはらしたような状態だ。
「大丈夫大丈夫。君は怪我ないか?」と声をかけるも、血だらけの人間の言葉にゃ説得力はないか…

以降の事は、先に書いた通りの事。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/76-c09383cb

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する