@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

黄金の四年完熟酒

黄金の四年完熟酒
前回、鯉川を買ったサミットでまた仕入れた。
鯉川は二年熟成だったが、この金紋はその倍の4年。色も遥かに黄色みを帯び白ワインを思わせる。名前も完熟酒と銘打ってるだけあって、期待がもたれた。
飲み口は、雑味なく、エグミなく非常に滑らかだ。わずかな酸味と過度ではない甘味で非常に上品。この酒蔵の「山吹2009」が、インターナショナル・ワイン・チャレンジ2009で世界最高賞チャンピオン・サケを受賞したらしい。このワイン品評会がいかなる権威を持っているか知らぬが、4年完熟酒はNo.1を獲得した蔵に違わぬ旨い酒だ。

今回も、いつもの通り常温でいただいたが、ラベルにあるように冷やかロックで、とにかく室温よりも5℃程度は冷たくした方が旨そう。
わずかに酸味を感じ色を白ワインに例えたが、一般的なヨーロッパ白ワインよりも甘く酸味は少ない。そういった意味で、欧米の油やバターのきつい料理より、やはり淡白な和食に合うかも。
値段的には、四合瓶で千円ちょっとのリーズナブル。値段も味も合わせて、ちょっとクセになりそう。

金紋秋田酒造株式会社 秋田県大仙市藤木字西八圭34-2
原材料: 米・米こうじ・醸造アルコール・糖類

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/74-ae85e779

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する