@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

STARTREK

NCC-1701エンタープライズ
この夏まで上映していた、新作の劇場版スタートレックのDVDを購入した。付録にエンタープライズの模型が付いていたからだ。

それぞれ設定の違うシリーズ同士を比較することは出来ないが、ジェームス・T・カークが主人公の作品をTVからこの最新作まで比較して行くと、作品ごとにまったく別物であることが判る。ヴィジャーが登場する劇場版第一作は、むかしのTVシリーズとは作品の内容だけでなく、登場キャラクターのモチベーションからして別物だ。本作品は、設定からしてパラレルワールドー公開も終わりDVDも発売されたので、少々ネタバレになるかもしれないが内容を語るーの世界だから、同じ人物のはずがない。
演技はダイコンでも、どこか品のあったウィリアム・シャトナーと比べれば、とことん粗野なクリス・パイン。顔だちが似ていてジャストフィットなキャスティングのサッカリー・クイントは、TVシリーズのHERO'Sとは違う凶暴さを発揮してくれている。バルカン人なんですけどね、混血の証拠?
映画として成功したかはともかく、今後も長く続く人気作と考えた場合、新しい血を入れる作業としては成功していると思う。劇場用映画として、過去のSTARTREKシリーズのどれよりも出来は良い。旧作ファンの存在を無視できず、ニモイ・スポックを登場させざる終えなかったのは残念なところだが…

ストーリーの根幹は、長いシリーズだけに幅広い年齢層のファンがいるので、これ以上書かない。ただ一点、設定部として、エンタープライズが地上から飛び立つ姿が想像できない。スクリーン上でも描かれていない。やはり無理だよなぁ、あの形状では。ストーリーはともかくメカニカルなものを描いた部分では、かなり無理なシーンが多いのだ。書き出したら、あまりに多いので「沢山ある」とだけしておく。
キャラクターたちの活躍シーンは随所にあったの。相手は大物だったゆえ、エンタープライズが航宙艦としてあと少し派手な活躍をしてくれていたら。そう考えずにはいられなかった。トレッキーの一人として。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/72-7a343114

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する