@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

英君純米吟醸珠流河乃郷やわら

英君純米吟醸
「えいくん_するがのさと」と読むそうだ。名前が長いだけでなく、ラベル下の能書きも長い。
静岡の英君酒造の酒だが、古名である駿河は「水の豊富な流れ」を意味する言葉だそうで、桜野沢という湧水が仕込水になっているとか。清酒は水が命。米の作柄が悪い年は、どこの酒蔵に頼っても酒の出来は芳しくない。だが、水が悪い場合いくら米が良く杜氏が頑張っても旨い酒は出来ない。で、この純米吟醸は、サラッとした口当たりで今時の流行を感じさせる。
言葉の上での問題だが、サラッとし過ぎて純米酒感があまりしないのだ。吟醸酒特有のフルーティな香りも薄く、まるで水のよう…旨いんだが、そうじゃないんだか。

英君の名前は以前から聞き及びがある。静岡県という土地に酒のイメージが馴染んでいないといのが正直な感想で、ここ以外これといった酒蔵を聞いた事がない。XXXはどうじゃ!? と云われれば「ああっ、そこもありましたっけ」となりかねませんがね。
酒造好適米をどこからでも取り寄せられるようになったのは戦後のことか? 昔っから静岡が米所じゃないから酒蔵も少ない。こんなところか?
以前お会いした、甲州の七賢の社長さんも「地元の米は三割」なんておっしゃってたしね。今時の酒蔵は、米をいくらでも取り寄せられる。現代においては、米所うんぬんはあまり意味がない。
英君酒造、南部杜氏が仕切っているのだし「酒造りの好適地じゃない」と云う理由も成り立たぬ。問題があるとすれば、仕込んだ後の冬の寒さか? それにしては、高知県も静岡に負けず劣らず温暖な土地なのに銘酒が多いと聞く。う?む…
別の視点で考えるとなると、ひとつに流通の問題か? 同じ温暖な土地でも、高知の場合云っちゃ悪いが四国のどん詰まり! 平家の落人村も多いですから…
静岡の場合、天下の王道東海道!! 江戸時代以前からの流通の大動脈が通っているわけだから、西の灘や伏見からいくらでも酒を運べた!! 造るより、旨いのを運んだ方が手っ取り早い!! 違うのはここいらへん!?

いっぱい(一杯)の酒から、いろんな想像が湧いてくる。
日本酒と云っても、焼酎をほとんど呑まない僕としては、清酒に頑張ってもらいたいのだ。
フレーフレーえ・い・く・ん!!

英君酒造株式会社 静岡県静岡市清水区由比入山2152
南部杜氏 古川靖憲
原材料: 米・米こうじ 精米歩合: 60%

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/71-26f55714

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する