FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

アイバンラーメン

アイバンラーメン・塩
もう何年も前から、カップラーメンに有名店のラーメンを冠した製品がこれでもかと多数発売されてる。その内の半分くらいは購入食してきたと思うが、およそ目隠しされて「××のラーメン!!」と判るカップ麺に出会った事はない。似せているのかもしれないが、結論としては似て非なるものでしかない。しょせんはインスタント、麺質を捨ててかかってスープだけに焦点を絞っても、店で作っている方法と同じ製法はとれないだろうし、粉末にされた時点で味は変わる。液体スープでもおそらく変質するでしょう。
以前TVで、北海道の十勝のメーカーに、口にしたスープを全て再現できる職人みたいな人がいるという番組があった。観ていると、再現と云っても各種の化調を調合して似せているだけでしかない。実際に、そのメーカーのカップ麺を食べてみた事があるが、はっきりいって化調まみれ!! 有名店の再現には遠く及ばず、かえって普通のカップ麺より不味かった。

天然食材から出汁をとったスープを、化調の調合で再現できると云う考え方が間違っている。インスタント麺のメーカーが、もし有名ラーメン店のラーメンを再現したいのなら、全てを天然食材に由来した出汁をとるしかない。店ごと買い取り店主に作らせる? そんな事をしても、おそらく再現は出来まい。店主が買い取りに従い、同じスープを作るはずがない。そんな事をするくらいなら、自分の店を苦労して出し維持するはずはないだろうから…

で、このIvan Ramen。ニューヨーカーが作ったものと、まったく頭に浮かぶ事なく、節ベース、それもおそらく鰹節? 塩はやはり基本は魚介ベースのスープなのだ。スープを飲み干した後、どんぶりの底に残る粉状のものは魚粉に違いなく、上記したようないい加減なメーカーと違い、天然食材に材料を見いだしているよう。メーカーは、サッポロ一番で有名なサンヨー食品。インスタント麺においては、日清食品・明星食品と並んで老舗三羽烏と表して良いのではないか? マルちゃんの東洋水産とかあるが、御三家と云ったら「チキンラーメン・チャルメラ・サッポロ一番」これでしょう!!
(;^_^ アイバンの実店で食べた事がありません。だから、このカップ麺がどれだけ似ているか判りません。だが、カップ麺としてはそこそこ旨かった!
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/70-8f024f15

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する