@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

あらとん

あらとん_でか肉味噌
昨日、あらとんへ行って来た。平日火曜日の昼前だったが、それでも店内で町の人が10人程度いたから相変わらずの人気のようだ。
あらとんには開店当初から行っているが、去年くらいからずいぶんと評判になり着いてすぐすわれる事がほぼ無くなった。
今回は、比較的新しいメニューの「でか肉味噌」を注文。通常の味噌ラーメンの上にチャーシューとは思えぬ肉質で厚さは5mm強、市販のスライスベーコンほどもある「でか肉」が2枚トッピングされている。
そこそこ腹減り状態だったので、軽く食いきれると思って食べ始めるとスープの重さに道半ばで腹一杯を意識する状態に。普段より、スープのとろみが強い。コラーゲンたっぷりか?最後までなんとか食いきったと云う感じでスープまで全て飲み干す。
今までにはない風味の出汁は、使用した魚がより珍しいものだったのだろうか? 加えて、夏場とはいえ塩味が少々強い。二?三割薄いスープならば飲み易いと感じた。

上記したように、札幌でも最強の部類に入る繁盛店となったあらとんだが、ここへ来て少々の問題点も見受けられる。まず、客数に対し、麺ゆでと炒めもやしの処理等を店長一人でこなすには無理がある事。フロアスタッフを何人雇ったところで、メインの作業が一人きりでは円滑に作業は進まない。
行列に並び席に着くまでは客側の選択に任されるわけだから、30分待たされようが一時間待たされようが仕方ない。だが、着席してからどんぶりが目前に出されるまで10分以上15分もかかっては、それはもうラーメン店とは云えない。はっきり言って「待たせ過ぎ」で、帰るから金返せと云われても仕方ない。昨日の様子としては、3割が食べてる途中で残り7割が待ってる状態。これだけとっても客の回転が良い割りにラーメンを用意できていない事ははっきりする。
繁盛店故の宿命と云えるかもしれないが、行列に並んでから食べ終えて店を出るまでに一時間以上かかるようでは、時間の限られたサラリーマンや観光客には不評だろう。
フロアスタッフのほとんどが、ただのトッピング役orどんぶり洗いではなく、店長と並列で麺ゆでなどメインの作業をこなせるような有能なサブにならなければ今後のこの店の経営も危なくなる、そんな印象を覚えた。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/56-6cb8750e

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する