FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

拉麺いそじ in 札幌

台風21号、そして地震。
立て続けに北海道を襲った2018年の9月の頭。
今や災害列島日本何て言葉は陳腐になりつつあり、いつ自分が被災者になるかもしれない。

これからしばらく、上記の災害前に滞在した札幌でのグルメ旅を記していく。


今さら札幌は味噌だけって言うつもりは無いので、醤油と塩もある店でも札幌ラーメン店であるとして・・・。

「いそじ」は札幌市にあっても結構郊外で、とても観光客、特に外人さんなんかはやって来ない月寒の名店・・・。
って、知ったかぶりなのは、店内を見渡してみたり雰囲気を感ずるところ、開店からもう結構年数の経ってる店だなぁ〜と感じての事。
実際に、2005年に開店とあるから以来十数年、地元に溶け込み愛されてきた店とわかる。
拉麺いそじ_外観

味噌ラーメン。
昔の札幌味噌ラーメンは、トッピングに必ず"炒めもやしキャベツ"が載ってたりして。
近年は減りつつある、このスタイルが味噌ラーメンには一番合うのだが・・・。
白樺山荘あたりに行けば、当たり前な話なんだけどね。
いそじでは、丼の底にはひき肉なんかも沈んでて、昔ながらの札幌味噌ラーメンの雰囲気は残ってる。
わずかな量の茹でキャベツと、白髪ネギが味噌スープと合うのか合わ無いのか?

店の暖簾をくぐって左側は厨房とそれを囲むカウンター。
右側は奥まで小上がりの座敷だから、子供連れでも問題なく食べられそう。
幼稚園以下くらいの子供のいる家庭では、なかなかラーメン屋にも入りにくい。

拉麺いそじ_辛シリーズ
「辛」メニューがある事では、比較的若い世代へのアピールもできている。
夏場は冷やし中華もやってるし、ラーメン好きにだけでなく広くアピールできそう。
店前には5台の駐車スペースもあるから、突発的に食べに出かけてもなんとかなるか?

拉麺いそじ_味噌ラーメン
トッピングは違えども、昔ながらの味噌ラーメンの本質を外してない麺とスープ。
トッピングまで全てが全て、各店一緒ってわけでは無いはずだから、いそじの味噌ラーメンこれはこれ。

拉麺いそじ_トッピング・チャーシュー
ちょっと気になったのは、昔との違いではなく追加のトッピング。
おそらく各種とも、って事で別皿に盛って出される事。
メンマなどはまぁ良いとして、いつの季節にあってもチャーシューだけは別皿はいただけ無い。

"焦がし"タイプならいざ知らず、そうで無い場合では脂が冷えて固まっていて、しばらくスープを潜らせ温め無いと本来の旨さを感じ無い。
となると、5枚のチャーシューを潜らすと、以外とスープが冷めるのも早くなったりして。
冬場温まりたい時に、この提供の仕方はどうなのだ?
やはり、麺の上に載っけて"チャーシュー麺"とするのが正しいなぁ〜

良い面悪い面、それぞれあるとしても、
自分としては、バランスのとれた味噌ラーメンは押しの一杯だった。
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/514-a2f712ee

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する