@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

すごい煮干ラーメン凪 渋谷東口店

野暮用で宮益坂上へ行ったついで・・・つーか、こういう機会を使わ無いと、郊外の自宅を仕事場にする者としては都心で飯を食うという行為はレアな出来事になってしまう。
だから積極的に店探しをしたわけだけど・・・。

自前の話として、まぁ、上記の行動というのは本当時期によってあてになら無い。
都心に出無いとなると半年も地元に留まり、久々に出たら街が変わってた。なんて話はざらにある事。
まぁ2020年を睨んで、ここ数年が特に変化が大きいという事でもあるか。

今年に入って、いくらか昨年までより都心出る機会が多い。
上手く飯タイムを合わせられず、行って帰ってくるだけの事もあるが、新宿の「はやし田」は結構アタリだったので機会あるごとに食べに行きたい。

今回は渋谷。
もしかして、渋谷の食ログは初めてかも。ってか、渋谷じゃ飲む事も食べる事もほぼ無しか?
渋谷の東口側は、宮益坂沿いはともかく西口側の雰囲気と比較すれば全体的に地味な感じ。
年齢層が上だし、ビジネスっぽい雰囲気も強い。
青山円形劇場があった頃は、歩きで行き帰りする若手なんかもいて雰囲気も違ったが。
ヒカリエも開業し、だんだん変化していくかな?

宮益坂沿いと違い、六本木通りの辺りは周辺のビルの建て込みがキツイ。
渋谷駅近の上を首都高なんかも走ってるから余計に空間を狭く感じる。
横断歩道も少ないし歩道橋の上り下りはちょっと面倒で、六本木通りはあまり人に優しい道路では無い。
やはり街としての使い勝手は西口側の方が良いのか?

すごい煮干ラーメン凪 渋谷東口店

渋谷にあって、人通りの少ないその六本木通りから路地に入った場所だから、口コミなのか食べログの影響なのか?通し営業の夕方でも席が埋まるほどでは無いが客が来る。
手狭になって店の外、入口脇へ追い"やられた感"の券売機で食券購入。
「すごい煮干ラーメン」830円。

鰻の寝床の左側に逆L字のカウンター、右手に壁に向いたカウンターで一番奥に背の低い2人用のテーブル。
結構変則的な店作り。
逆エル字カウンターの短い辺、外に背中を向けて座る部分の席がガラス戸際過ぎて、奥の人の出入りは大丈夫?と心配になる。
すごい煮干ラーメン
麺の固さや脂などを指定できる例のシステムなのだが、お初なので全て"普通"で注文。
なんとなく、右側の壁に向いたカウンターはソロ客向けのように思えたので、その端っこに陣取る。
厨房に背を向けていたので分からなかったが、時間がかかるなぁ〜と思っいたら「平打ち手もみ麺」ってやつ?結構太い麺なのだ。
「煮干ラーメン」なので、勝手に細麺を想像していたが良い意味の裏切り。
"喜多方ラーメン"なんかで見かける、食べ応えのありそうな存在感のある麺だ。
"中華そば"に合うのか?とも思ったが、後述するスープの存在で意外合ってたりして。

一瞬「メンマ?」と、添えられた位置からそう見えたものは、ワンタン・・と云うより素材も一緒?ひもかわうどんの様な麺だった。
そういう理解で良いのかな?
麺とは食感が違い、ツルツルでしなくチュルチュルした感じ。やっぱ、具なしのワンタンだ。

名前負けしない、すっごく煮干の風味が効いたスープは一種独特。
とろみを感じるのはそれだけ煮干ってるから?
おそらく、ガンガン煮干から出汁をとってるのは宣伝文句通りなのだろう。
煮干を厳選、きちっとキレイに下処理してるのだろう、臭みもエグミも一切無い非常にキレイな淡麗なスープ。

旨みは抜群なのだが、しっかりしてる割にちょっと物足りなさがあるのはなぜ?
悪い意味では無いのだが、煮干だけでは濃厚になってもパンチが効かない。
俗に言う"旨みの相乗効果"ってやつ?
煮干はイノシン酸なので、王道グルタミン酸の昆布を意識的に効かした方が、パッした旨さを感じる様に思うのだが・・・いかに。

豚骨などの超こってり系のラーメンも数多く食べてきたが、ここのスープの濃厚さは半端でなかった。
初めてラーメンで"スープ割りしたい"と思ったもんだ。
デフォであるところの普通のラーメンなのに830円、他店ではチャーシュー麺が食べられる。
ちょっとした物足りなさが・・・。
美味かっただけに、う〜むと言ったところだ。
デフォで730円、追加トッピング一品で1000円以内ってのが理想だな。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/505-5f895552

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する