@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

麺屋さくら井 in 三鷹

麺屋さくら井
"in 三鷹"と言いつつ、実際は武蔵野市に当たる。
JR三鷹駅はちょうど三鷹市と武蔵野市の境に位置している。
駅舎を分断するように、東南方向から北西方向へ市境が走ってるのだ。
この辺一帯の道路の流れがそうなので、それに従い市境が出来たわけなのだろうが、駅が先か行政区分けが先か?そこまでは調べて無い。

"in 三鷹"としたのは、店への最寄駅が三鷹駅だから。
街並みとしたら武蔵野市役所にも近く、雰囲気は三鷹市では無くまったく武蔵野市。
あまり広いとは言え無い路地風な通り沿い、まぁ平たく言って住宅街の只中にある。

吉祥寺サンロードを入ってすぐの左手に、今はFamly Plazas というより「SHOE・PLAZA」って看板がはるかに目立つ、昔はF&Fと呼んでたはずの建物がある。
その地下に40年くらい前から「らーめん さくらい」って店がある。
最初、麺屋さくら井は、吉祥寺のこちらが移転したか支店か程度に思っていたら、どうやら違うの?
「らーめん さくらい」は町の中華屋さんの雰囲気が強いからね。
違うんでしょう。

「麺屋さくら井」のラーメンは、細ストレート麺に鶏ベースのスープ。
醤油色がもう少し薄いと、やはり中華そばの雰囲気。
生に限りなく近い感じのチャーシュー。
火の通るギリギリの低温調理で、あまり焼豚の雰囲気はなく中華そばっぽくない。
だから"らぁ麺"なのか?

らぁ麺・醤油+チャーシュー盛ハーフ
注文したのは「らぁ麺(醤油)+チャーシュー盛ハーフ」で、しめて980円。
無化調を信じられる、食後のあっさり感。
レンゲのひとすくいが楽しいスープと相性のいいストレート麺。
ただし、低温調理のチャシューは相性が良いとは思えない。
昔ながらのパサパサ焼豚はやだけどね。

最近とみに"中華そば"に近いラーメンを看板にする店が増えたが、ここの"らぁ麺"も完全にその傾向。
ちょっと濁りがあり、色の濃さも違う煮干し出汁の"煮干らぁ麺"もある。
スープを出汁からちゃんと作り分けてあるわけで、手間はかなり大変なもの。

"中華そば"に基準はあって無いようなものだから、何をか言わんやってことではあるが、
生まれも育ちも東京都内の人間として言わせてもらうと、色はともかく「醤油味を前面に出すな」となる。
昔は、中華そばと言ったら醤油ラーメンしかない(東京の場合)。
だが、だからと言って味は醤油味ってほどではなかった。
醤油スープでは無く、"鶏ガラスープ"の風味付けだったはず。

トータルして、かなりいけてる"らぁ麺"である。
けれども、醤油の主張とレアなチャーシューはあまり好みではない。
醤油はあくまで風味付け程度いい。
チャーシューもやはり表面に軽く焦げ目があった方が風味を増す。
ここのラーメンに"醤油"を感じ過ぎたのは、チャーシューの香ばしさや脂に香味を感じ無いからかもしれない。
万人に100点のラーメンは不可能だが、旨いのに物足りなさを感じる惜しいラーメンと思えた。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/494-7d49b780

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する