FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

BLADE RUNNER 2049

BLADE RUNNER 2049
この年の。秋一番の話題作、BLADE RUNNER 2049を観てきた。
オリジナルの公開から実に35年ぶりの新作!
これはもう、単純に2作目と云える感覚ではないな。
感覚と間隔からして、全く別物の新作として観たほうがいい。

建物も車も小物も、オリジナルを踏襲しているように見えるものの、よく見れば違う世界観によるものに見えて来る。
当時は当たり前で、なんら疑問を持たなかったブラウン管タイプのモニターも現代の作り直しでは違和感がある。
最新ギミックを知ってしまった者にとっては"今更感"が強い。
唯一まぁまぁねと思えたのは、機器が発する古典的な動作音だったりする。

オリジナルは、行ってしまえばダウンタウンの一角で起きたちょっとした騒動レベルの話。
今回はそれを何十倍にも広げた世界観。
違和感がない方がおかしいか。
35年間、多くの人の脳内で醸されたイメージが本作に入り込み違和感を出しているのかもしれない。
これだけの年数、これだけの話題作であれば、納得いく2049にするには自分で作品を作るしかないというところ。

ひとつひとつを上げるには数が多すぎるが、
ネクサス8の主人公、レプリカントにしてブレードランナーの主人公。
旧型の危険分子のレプリカントを処分する役目。
ある日の任務で農夫のレプリを処分する際に「奇跡を目にしてないからだ」と言われる。
不毛の土地に立つ枯れ木の根元に、指先ほどの小さな花を見つける。
そこから発想して、地下に何か埋蔵物をイメージしスキャンする。
いきなり、幾つかの偶然・偶発的な事柄の重なりでストーリーが展開しだす。
この辺の展開にとりとめのなさを感じ、なんで?という疑問を感じたりする。

あまりセリフの多い映画ではないので、エピソードのつながりに伏線がなくが衝動的に展開するのも何のひとつ。
後で回収される事もあるが、これは後振り方法であり本来は前振りを多くするのが伏線ってもんだ。
先に起きた不明な部分を後で解説するシーンが来る。
これはBDで購入して確認してね。って言ってるようなものだ。
正攻法な映画の作り方ではない。
まだまだ色々、できの悪いシーン構成やシナリオがあるのだがもう面倒くさい。

ビジュアルは素晴らしい。
監督のドゥニ・ヴィルヌーヴは前作のメッセージといい、映像にはセンスがある。
現状、ビジュアルはほぼ100点でしょう。
それにひきかえ、シナリオのできは悪い。
まぁ、前作の続きと考えても60点くらいが良いところ。
どうも、ハンプトン・ファンチャーとマイケル・グリーンのふたりに問題ありって感じか?
採用するプロデューサーにも問題あるのだろうが・・・。
リドリー・スコットは自分でメガフォン持たないとダメ人間?
ネット等で「すげー」とか「傑作」とか言ってるライターもいるが、騙されちゃいけない。
オリジナルを夢にも出てくるほどオリジナルを観てごらん。
そうすれば2049のシナリオの荒さが分かるから。

BLADE RUNNER 2049は、単独で見れば悪いできではないのだがオリジナルと比較すれば凡作に近い。
オリジナルのファンは大抵もう観ちゃったりしてると思うが、特に観るべき作品でないと記しておく。
☆☆☆★★星3.2位

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/490-eea7f897

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する