@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

麺や くう in 東久留米

小金井街道沿い東久留米の「竹屋」の隣り、以前名店"丸め"のあった場所。
"ラーメン戦隊HIGASHIくるめん"って店が出来た後、半年経つか経たないか?で同じオーナーが今の店名にして仕切り直し。
ただ、ラーメン戦隊HIGASHIくるめんの前にもひとつ、短期間別のラーメン店があったような無かったような・・・?

"三条燕ラーメン"と銘打ち、ここら一帯では屈指のラーメン屋だったがなぜか潰れた。
三条燕というと新潟県。
"背脂煮干し"がご当地ものなのか知らないが、独特の風味で旨いラーメンだった。
支店が今も何店かあるが、少なくとも田無ファミリーランド店はダメだ。
名店の面影もない。

麺や_くう

"ラーメン戦隊HIGASHIくるめん"時代は、日曜朝の戦隊ものをカバーして色ごとのメニューを用意していたようだが、今の店名になってからはちょっと様子は違う。
つけ麺メイン的な雰囲気ではあるが、担々麺ウリのメニュー。
"坦々つけ麺"が一押しか?
麺や_くう_メニュー
不定休の店だが、過去2度も"臨時休業"で振られている。
今回は3度目の正直だ。

つけ麺押しの店に行っても、最初はいつもラーメンからって事で"チャーシュー醤油ラーメン"・・・俗に言うチャーシュー麺?
一般的なチャーシュー麺より、やや醤油が強い感じのスープは濃厚系。
つけ麺のつけダレほどではないが、スープ割りが用意されてたら使ったかもというレベル。
飲み干すのはちょっと勇気がいるな。
麺や_くう_醤油ラーメン・チャーシュー
中太縮れ麺はコシが強く、啜り上げづらいゆえか長さが短め。
厚切りバラ肉の炙りチャーシュー、香ばしさに旨味がプラスしてなかなかの美味。
ただ、全体的にこの店!って個性までは繋がらず惜しい気がする。

刻み万能ネギの下に隠れている"茹でもやし&キャベツ"がもっとトッピングされてば!
さっぱりした茹でネギ・キャベツは、こってりしたスープの口直しにぴったり!
これを中央部にだけでもうず高く盛ってくれれば、濃厚なスープのパランスを戻してくれて更に旨く食べられそう。
と思うほど、ちょっと濃いめのスープだった。

麺や_くう_入り口付近

Comment

[21] 丸め

背脂煮干、三条燕ラーメン。いずれも丸めのメニューだし、移転でしょ。ファミリーランド店は施設取り壊しで無くなったけど、新所沢と東久留米で大人気だけど。

[22] Re: 丸め

> 背脂煮干、三条燕ラーメン。いずれも丸めのメニューだし、移転でしょ。ファミリーランド店は施設取り壊しで無くなったけど、新所沢と東久留米で大人気だけど。

ご指摘ありがとう。
ただし、日付を見てもらえば分かるように、
"丸め"に関するブログは1年半前の記述であり、東久留米市中央町の新店が開くずっと前のこと。

「ファミリーランド店」に対しての記述は、東久留米市前沢2丁目にあった"旧・東久留米店"との比較による。
両店の写真は何枚も撮ってあるので、比較としても個人的見解に間違いはない。
メニュー名が同じでも"見た目"と"味"が違えば同じラーメンとは思えないと書いたわけだ。

今回もコメントをもらって過去の写真を見比べたが、ファミリーランド店のラーメンは明らかに色彩が乏しく美味そうに見えない。
"新・東久留米店"には期待してるけどね。

ともかく、
"日記みたいな独り言"と、ブログのサブタイトルに入れているので、どのようなスタンスで書いてるかは分かってもらえるはず。
指摘はありがたいのだが、失礼ながら「そんな事は百も承知」の事。
"丸めには何回も行っている"と書いてるわけだから理解してもらいたい。
明らかな事実誤認でもない限りコメント不要としときます。

以前にも、ご当地ラーメンに対して「地元にはそんなラーメンはない」とコメントしてきた出身者がいた。
しかし、「ない」と言われても店がそうしてるのだから、客として感想を書いた自分には対応できない。
「あんたが地元離れてから出来たんだろ」と言いたくもあった。
ブログはSNSとは違う。
コメントを書くにはその後の発展性を考慮してくれると嬉しい。

ともかく、ともかく、
返信無用とはしてないが、そのつもりで書いているので
そのような感じでよろしくです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/487-88052a89

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する