@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

麺や河野 in 練馬区中村橋

「佐野ラーメンのよう」と言う人もいるが、自分には喜多方ラーメンのように見えた。
ただし麺だけ。

喜多方と言えば、ご当地ラーメンのハシリであり、東京での醤油ラーメンは別ものとして
札幌味噌ラーメン、博多ラーメンと並んで全国区。
ご当地では戦前からの馴染みというから歴史はかなり古い。

喜多方で、何軒も入ったわけでは無いので、全て平打ち縮れ麺かどうかは知ら無いがおそらくこれが定番の麺。
他と比べると太打ちだし、多加水麺なのでプリプリとしながら良くスープと絡む麺。
豚骨・煮干しの今で云えばダブルスープと良く絡みすごく美味しい麺だった。
しばらく経つのでやや印象も薄くなってるけど、河野の麺は喜多方ラーメンに近いように思う。
ただし麺だけ・・・(+_+;
スープの傾向は違うので、どこまで喜多方ラーメンと麺が似ていると思う人がいるか?
ちょっと難しいか。

麺や河野
駅からは徒歩で3分とか4分くらいの距離だが、駅からの狭い商店街。
すぐ脇をバスまで疾走して行くから、夏場の暑さは・・!?
汗かきの人は入口近くの、エアコンの真下の席に陣取るといい。
ラーメンを食べればそうじゃなくても絶対に汗をかく。

一緒に行った嫁さんが「醤油ら〜めん」、自分は「塩ちゃ〜しゅ〜めん」。
麺量は並で150gだったか?
結構なみなみと盛り付けられてる感じもするが、逆さ富士型の小ぶりの丼なのでそれほどでもないか。
麺に関しては中・大と盛りがあったから、それぞれ最適な大きさの丼が用意されてるのかな?

麺や河野_醤油ら〜めん醤油ら〜めん
太打ちゆえ、茹で時間は長めなのか、出来上がるまで一般的な店よりもちょっと長い。
醤油も塩も、トッピングはちゃ〜しゅ〜とモヤシのようなサイズに刻まれたメンマと青ネギのみ。
かなりシンプルで、メンマに関してはちょっと物足りない。
麺や河野_塩ちゃ〜しゅ〜めん塩ちゃ〜しゅ〜めん

チャーシューは個性を発揮するためか、鳥白湯スープの店などは「鶏のチャーシュー」なんかも出すとこもある。
が、豚では低温調理で中まで火を通した「焼豚」と、鍋でグツグツ煮込んだ「煮豚」の2種類に分かれると思われる。
ここでいう焼豚は、食べた感じではローストビーフならぬローストポークのよう?
しっかりした本来の肉質のままでホロホロ感は無い感じ。
河野のチャーシューは、そういう言い方だとローストポークな感じだ。
高温調理では無いようで、肉質はしっとりし赤味を感じるが、ホロホロ好きでも馴染める柔らかさだった。

個人的な好みとしては、「醤油」の方が塩味がマイルドで醤油の甘みとのバランスが良く好み。
「塩」はちょっと塩味が立ち過ぎた感じで、全体的(醤油も含め)に濃い味か。
ただ、河野は麺がとにかく良い。美味い!
だから麺が主でスープが従とも捉えられる。
麺が美味いから、スープの塩味の強さは好みの内かも。

珠玉の一杯、ラーメンでホッとしたい向きには、途中下車で寄って行くのもオススメのお店だった。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/475-bee905ec

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する