@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

麺屋武蔵 虎嘯 in 六本木

先月のこと、サッポロビールの新発売製品の先行PRイベントに行ってきた。
東京ミッドタウンのイベント広場にバーカウンターをしつらえて、40種類のグラスの中から好きなデザインを選んで飲む。
たった一杯のビールだし、飲みなれた黒ラベルの新ラベル?だからビールそのものは大きく違わない。
そうであっても雰囲気次第でワクワク感がますものだ。
ただ、日曜日の昼過ぎだったいうのに行列が、待ち時間90分!
暇人が多い、自分もそうだけど・・・(^^;

では少し時間を外すついでに腹ごしらえとラーメン屋へ行くことに。
「赤のれん」へ行くつもりで歩いたら閉まっていた。
おかいいなぁと思いつつ、じゃあと回ったのが「五行」なのだがこちらは営業時間を外してしまった。
無駄に西麻布を一周して振り出しに戻る!;。;

麺屋武蔵_虎嘯
東京ミッドタウンの一本筋違いの分かりやすい路地裏のど真ん中。
黒を基調にかなり目立つ店構え。
引き戸を左へ引っ張って入ると左側すぐに食券の券売機あり。
いつものパターンで、つけ麺主体の店でもまずはラーメン。
それもその店デフォのやつ。
麺屋武蔵_虎嘯_濃厚虎嘯ラーメン
普通のと"濃厚"があったので、つけ麺の雰囲気も感じられそうな"濃厚"虎嘯ラーメンを購入。
しかし、場所柄と言え1150円はかなり高価だなぁ。
普通なら「全部のせ」レベルの価格。
しかし、この店ではこれがデフォ。
下は900円から、最高額はこの店の"増しのせ"で1500円!
1割ちょい高ってとこかな?

他のメニューの構成を見て、この店のチャーシューは焼豚でなく"豚角煮"のよう。
麺茹での間にブロック状の塊から切り分けけ、七輪の炭火で炙ってます。
だから香ばしいし、濃い味のスープに負けない濃厚な味付け。
麺は"喜多方ラーメン"を彷彿させる"縮れ平打ち麺"。
喜多方よりはやや太めな感じだ。
端っこに寄せられ沈み加減だったが、あっさり味付けの"姫竹"のメンマが数本。

バランス的に量が少なめなスープは自分の好み。
もったいないから、いつもスープまで完食の自分には少なめがありがたい。
レンゲひと掬い目、いきなり魚介の風味が強烈に来る。
いままでかなりの軒数でラーメンを食べてきたが、この強さは一番か?
もちろんブレンドされた節系の香りだから嫌なものではない。

太めの平打ち麺はツルツルシコシコ。
最近よく思うのだが・・最近、麺が短くね?
啜れない人向け?
外人さんとか?
若者に麺を啜れない人が多いそう。
これもジェネレーションギャップか?

化調の風味はまったくしない。
全て天然出汁だとすると、材料をかなり贅沢に大量に使用しているか?
場所柄だけでなく、材料原価の面でも値が張るのかもしれない。
その代わりというか、麺量を "並" "中" "大" と自由に選べるから腹減らしは徳だ。

トロトロの角煮チャーシューは超絶品。
それに比べてメンマがちょっと弱い。
姫竹なのでもうちょっと硬めの調理が良いかも。
メンマ好きにはちょっと不評か?
それだけで食べれば上手いのだろうけど。

健全男子ならば"並"はペロッと。並は小食向けか。
一般的には"中"が丁度良いと思う。
角煮トッピングのラーメンは他にもあるが、ここまで柔らかいトロトロなやつは初めての経験。
炊きたて飯に乗せて食べたい!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/470-f6c0b0d7

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する