@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

福来軒 in 札幌

2017年の福来軒
"2017年の福来軒"
この店の由来を知らずして、通りすがりで入る勇気はなかなか無いか・・・。


まるでバラックのような建物で、何十年も営業している札幌屈指の名店・福来軒本店。
建物の老朽化から、ついに今年の10月20日をもって閉店する。
これでまた、札幌みそラーメンの名店が一つ無くなる。
火が消えると言っていいなぁ〜
支店もあるが、支店だと味が違っちゃうんだよ。
2009年の福来軒
"2009年の福来軒"
バラックさ加減は変わりは無いが、赤いテントのプリントのハゲ具合に8年の違いを感じる。
テントは8年でボロになってきても、バラックはバラック!変わり無いところが凄い?


最近人気の店にも、同然のように"札幌みそラーメン"はある。
しかし、それらの味噌ラーメンは「札幌みそラーメン」では無いからだ。
最近の店のはスープに手をかけすぎなんだ。スープはそこそこでいい、手をかけるのはトッピングも含めた全体のバランスなんだよ。
札幌みそラーメンには、高級なチャーシューとかはいらない。
もやしと玉ねぎの炒め野菜があれば良い。

鶏ガラ豚骨ベースのスープに赤味噌の組み合わせ(恐らく)と、中華鍋で煽った炒め野菜がどさっと載ったラーメンは「札幌みそラーメン」の何十年も前からの伝統みたいなもの。
近年のラーメンは炭水化物と脂だけの一杯になり果てている。
福来軒を代表する昔ながらの店の味噌ラーメンは、タンメン以上に野菜が摂れるのだ。

雪のちらつく中、市営地下鉄の駅から足元に気をつけつつ一人徒歩で向かう。
6年ぶりで、今回が3度目かな?
到着すると、観光シーズンでも無いし完全昼過ぎなのに店内は満杯!
飛び交う会話が、常連さんの賑わいを表している。
地元に根付いてるなぁ~、ただ古いだけの店では無い。

味噌ラーメン
味噌ラーメン
ラーメンは味噌・塩・醤油の3種類。
何を頼んでも炒め野菜がトッピング。
東京で言う所の「二郎系」ほどには載って無いまでも、たくさんの野菜のトッピングだ。
加えてチャーシュー・メンマ・薄切りのゆで卵も載っている。
これで750円!
流行りの店だと1,000円に限りなく近ずくよな。

本来この日は、南19条の山頭火で食べるつもりでいたが、行ってみたらなんとお休み!
こちら店は唐突の休みが多いから、控えを考えておかないと路頭に迷う。
でトコトコと、10分ほど歩いて向かったのが抑えにと考えていた福来軒。
地元が東京の自分は、この日福来軒へ行かなかったら次はもう無かった。
閉店の事実を知ってえ~っ!
この日は何かに導かれた気がした。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/461-8e528763

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する