@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

うな鐵

うな鐵
ちょっと前、まだ先月のうち、いつもの仲間の飲み会があった。
新宿か池袋、たまに錦糸町の方の店で飲兵衛どもが不定期に集まる。前回は錦糸町の「やいた」、その前が新宿の「樽一」だったか? 今回は池袋の「うな鐵」がその舞台だ。
うな鐵と云えば、浅草のいかにもグルメ番組にも出てきそうな本店は有名かと思うが都内に何軒も支店がある。現在では無くなってしまった高田馬場店の店長が異動したのが池袋北口からすぐのこの支店。高田馬場店は広いワンフロアにだーっと座敷があったので10人以上の飲み会は楽勝!! 30?40人でも大丈夫だったか…厨房が大変だろうけどね。池袋店は細長いしちょっとフロアの狭い2階分。今のメンバー数ではちょっと辛いかな?

土用に近い日付だったので、鰻は旬なのだが鰻そのものが旨い時期と云うわけではない。それはそれとして、鰻専門店なので、注文はうなぎ中心…と云うよりはオンパレードになりがち。刺身や焼き鳥もあるが、時間帯や季節によっては切れている事もある。
「うな鐵」は何度も利用した事があり、旨い事は分かっているが、個人的に日本酒と鰻の相性はいまいち…連続で食すと鰻はちょっと脂が強ぎ飽きてしまう。
そうした時に、箸休め的なあっさりメニューがもっとあれば。そう思える。
それでも、魚類の中でもビタミン、ミネラル系の含有が多いはずの鰻は夏場の友だし、今後の利用が減るわけでもない。他のお客さんたちがどうかはともかく、今後はあまり腹減り状態でバクバク食べないようにすれば良し。

二次会というわけではないが「博多餃子」と云う名に引かれ入った、うな鐵並びの餃子専門店。
「これはタレで、こちらは塩で」と説明受けても、はっきり言って、餡の味付けが濃すぎて何も付けずそのまま食べるのがちょうど良し。
濃すぎる味付けが本場と同じとしても、博多餃子専門と云うほどには旨くなかったのが正直な感想。池袋で餃子が食べたくなっても、次回以降は迷わず王将やマンシュウを探す。「不味かった」わけでもないので、後を濁したわけでもないけどね。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/46-5aea8daf

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する