FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

らーめん一笑 in 東伏見 Part-2

また行くぞ!と気合を入れてから早4年。
月日が経つのはあっという間。
武蔵野市関前に住む友人宅への途中・・・って言うか、寄り道して行ってみた。
関前方面へは、一つ隣の西武柳沢からバスに乗るとちょうど良いが、そのバス停までは食後の腹ごなしに歩くという事で。

4年も経つと、ちょっと年季が入ってきたような雰囲気もする店内のカウンターに陣取る。
前回が「黒一笑醤油」だったので、今回は「白一笑塩」を注文した。
塩らーめん+チャーシュー1枚
って、メニュー名が変わったか?
黒白赤と冠されていたメニューが、塩・醤油・味噌とごく普通の名称になっている。
唐辛子味の「赤らーめん」とつけ麺の方に昔の名残あり。

まぁ、前回が4年前だと「黒一笑」がどんならーめんだったか覚えているわけはない。
だから、自分の前回の書き込みを読みながら比較してみた。
「白一笑」の白は牛乳か?
博多ラーメンのスープにバランス良く牛乳を加えるとこんな風になるか?
真っ白な豚骨スープというのも食べたことはあるが、白一笑の白はなんか牛乳っぽい。
レシピはどうなってるんだろう?
コクはあっても博多系よりあっさりしていて・・このあっさり感が牛乳を想像させるのだが・・・非常に優しいスープだ。
簡単に言ってしまえば豚骨塩らーめんってことなのだが、直接感のある塩気ではなくスープの甘さの陰にある感じ。
良い塩梅ってことかな。

麺はこの店のらーめん共通のもの?
中太(やや)縮れ麺で、黒一笑同様博多ラーメンとはちょっと違う。
トッピングも基本形のらーめんは同一の作り。
違いはスープのみ。勝負をかけてる感じがする。
ビールのつまみに最適な感じのチャーシューも健在。
ほろほろ系だが肉厚で、それなりに食べ応えがあって自分の好みに大変合うなぁ〜
チャーシューだとトッピングの追加が1枚から選べる、前回の訪問時には無かったんじゃないか?システム。
1枚単位ってのが嬉しいなぁ。
メニュー

トッピングでも選べる「からし高菜」が、無人スタンドごときスタイルで店頭入口脇で売られてる。
欲しい人はポストのような料金箱にお金を入れて、あとは冷蔵庫から勝手に持っていくだけ。
店員が手を煩わすことがないし、購入も気楽だ。
店頭

辛いのは苦手ではないが「赤らーめん」には、あまり食指が伸びなさそう。
次回は「一笑みそらーめん」に決定!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/452-711229b9

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する