@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

Optio W60

PENTAX Optio W60
新しいデジカメを買った。いわゆるコンデジ(コンパクト・デジタルカメラ)と呼ばれるもの。コンデジとしては新しい方ではNikonのCoolpix-S600を持っているが、今回はウォータープルーフ性能を望んで購入したものだ。
S600が4倍光学ズーム、W60は光学5倍ズーム。ともに1000万画素で銀塩35mm換算の28mmからのスームレンズを搭載している。カメラとしてのスペックは似たようなものだ。

学生時代からうん十年、日常の足として自転車を利用しているが、いつも必ずカメラをバッグに忍ばせ面白いもの・きれいな風景に出会えば撮影して来た。だが、行きは晴れでも途中や帰りに雨に降られる事もある。でかい一眼レフは当たり前、コンパクトカメラでも水濡れは厳禁だ。そのために、銀塩時代にも防水カメラを購入した事はある。
デジカメ時代になってからも、防水タイプが発売されて何年も経つ。しかし、問題だったのがレンズの問題だ。いつもいつも「撮影だ」と気合いを入れてるわけではないから単焦点ではダメ。スナップで撮影しようと思うと、やはりズームレンズでなければ。さらには広角側が28mm以上のレンズでなければ。ところが、しばらくのあいだ広角側が35mmからしかなかっのだ。
そこで見つけたのがこのW60だ。しかし、その頃すでにS600を購入したばかり。似たようなスペックの、決して安いとは云えないコンデジを何台も買うわけに行かない。
現在、モデルチェンジしたW80も発売され、W60はその2/3ほどの買い得価格に値下がり。一年近く待ってようやく入手したしだいだ。

似たようなスペックと書いたが、実際にはズーム比はW60が上。しかし、開放F値はS600が上。筐体もS600が一回り小さく、ほとんどの携帯電話用ポーチにすっぽり入る。ところが「防水」と名がつくと、CASIOのG-Shockでもないのに妙な安心感。直接ポケットでい?な。そう思えてしまう。樹脂製のプロテクターも別売されているしポーチはいらないか。
ラフに使えるW60は、その性能からもこの夏出番がありそうだ。

実写レポートは、いずれと云う事で。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/45-77623bc9

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する