@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

丸め 田無ファミリーランド店

以下の話は、すべて自分にとっての「或る日突然」ということで、実際は多少のズレがあるかもしれない。
・・と言いつつ、正確な日付が入るわけでもないから、断れはどうでもいいか。

小金井街道、前沢南交差点のすぐ南、名店「竹屋」のすぐ隣に「丸め」ができたのはかれこれ10年前。
「燕三条」背脂煮干ラーメンのとして、かなり人気があったと思う。
それが、昨年?・・しばらく行ってなかったりだが、いつの間にか閉店していた。
と思ったら田無ファミリーランドにも店舗ができていた。
ありゃ、チェーン店だったのねぇ〜と思ってネットで調べてみたら、3店舗?だけだけど展開していたのだった。
様子からいうと、小金井街道沿い東久留米の店舗が本店ぽい感じだったが・・。
こちらの東久留米店は、現在移転先を探しているとか?
入居してたマンションとの間で、何かしらのトラブルでもあったか?
理由は分からないが、近場で早く復活して欲しいものだ・・・。

田無ファミリーランド店に入るには、まず「田無ファミリーランド」の駐車場に車を入れることから始まる。
裏通りからも入れるが、車の場合は小平・東久留米方面からの方からだと左折でそのまま入れるので、都心方面からのアクセスでも一度回り込む方がいい。
駐車場側、一番手前がケームセンターになっているが、その入り口から左手奥へ。
アルミサッシのパーテーションで区切られていて、その右手の入口脇に券売機があるから食券を購入するのを忘れずに!
丸め田無ファミリーランド店

本店を東久留米と仮定した場合、ファミリーランド店はメニュー数が随分と多い。
店舗がゲームセンター内の一角という、どんな嗜好の客が来るか分からない雰囲気からの戦術か?
それでも本店メニューの「背脂煮干」と「海老辛醬」は外せない。メニューのトップにしっかりある。
と言うことで、本店にはなかったメニューを今回はチョイスした。
「特製ラーメン」と聞けば「全部のせ」とか、その店の全てを見せる的な意味合いがあると連想する。
これを食べればその店の実力も分かろうということなので注文してみた。
メニュー

店に入ってすぐ右側にカウンター。
そこの店員さんに食券を渡すと代わりに番号札を渡される。
3本川のテーブルのようなカウンターに、計30席程度。まぁまぁ広い店と言えるかな?
端っこに座って店内を見渡す。
店の造りとお客の感じを見るためだ。
店員さんに覇気があまりない様子。
場末感のある立地だからねぇ、仕方ないか。

ほどなくして、自分の番号を呼ばれて取りに行く。
そのドンブリは、予想通りというか全部のせ状態の一杯。
食べる前のぱっと見の印象として「華がないなぁ」だった。
写真を見ても分かる通り、色彩が乏しい。
例えるならば「水墨画」のラーメン。
あまり美味しそうに聞こえないよね。
特製ラーメン
スープはまんま「背脂煮干」の丸め風でだが背脂感がない。
もしかしたらタダの「煮干ラーメン」だったりして?トッピング例から間違いなく「背脂煮干ラーメン」の特製なんだけどねぇ~
でもまぁ、自分的には軽く効いてるこれくらいがちょうど良かった。
煮玉子は、丸々一個のままだと意外と食べにくい。
半分に切ってトッピングすると、黄味の色味が彩りを添え「水墨画」が「水彩画」に見えるかも。
合う合わないは別にして「紅ショウガ」なんかも載っけたりして・・・背脂と相性が良いかもよ。

東久留米店で食べ慣れている自分としては、この店のラーメンはパンチがないというか何なのか?
「レベルが落ちる」という内容だったのは間違いない。
いつ食べても前回と同じだね、と思える安定感は感じたが・・・。
未だ移転先を探してる状態の「東久留米店」。
はやく元の味で再開してくれると嬉しいな。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/445-1224f339

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する