@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

居酒屋こま in 麻布十番

こま
麻布十番って言えば、古くからの地元の人からすれば「下町っぽい」感じなんでしょう。
永らく「およげたいやきくん」の故郷「浪花屋」のある街としてしか知られてなかった。
都内に長く住んでいても、都営大江戸線開通までは地元の人からして「陸の孤島」と呼ばれてたわけでね。
今ではメトロ南北線も通じてるから、交通アクセスはかなり改善し地続きとなった感じ(笑。
今じゃ、おしゃれな店が立ち並ぶ、都内でも有数の街になってますが・・・
「こま」は、そんなおしゃれな街に似合わない・・・お店に失礼!

おしゃれ似なったと言ってもここ数年のこと。
年に1度程度行くこともあるが、行くたびに街並みに変化がある。
どこか、異国風・・外国風ではないんだ。日本であるには違いないのだから・・・な雰囲気で、となりの六本木や青山とも違う雰囲気だ。

お通し
左はツブ貝みたいな貝。磯に行くとよく見かけるが・・・。ほかも分からず・・・

異国風なんだけど、いかにも和風で庶民的な居酒屋さんはまだまだ残ってる。
詳しくは知らないが、「こま」は営業を始めて数十年だろうから街の変化とは関係なく、毎日呑兵衛を受け入れてるんだろうな。
「こま」は、日本国中のどの街にもどの駅前にもある、そんな感じの居酒屋だ。
大根と豚の角煮大根と豚の角煮


牛モツ煮(塩)牛モツ煮(塩)。塩味は曜日限定だそうだ。

自家製さつまあげ自家製さつまあげ

鶴齢・純米吟醸
大好物の鶴齢・純米吟醸

完全なる和食メニューだが、家庭ではなかなか作れない。
そんなメニューばかりから、食べたいと思うものを片っぱしから・・!
悲しいかな、胃袋が若い頃ほど大きくない。
もっと胃が大きかったら、端から端まで持ってきてと注文したくなる。
アジの南蛮漬けと生しらすアジの南蛮漬け・生しらす

玉こんにゃくのピリ辛煮玉こんにゃくのピリ辛煮

磯自慢「大井川の恵」純米吟醸
磯自慢「大井川の恵」純米吟醸
どのメニューも味付け(濃さだったり塩加減だったり)は比較的淡白。塩も薄い。
まぁ生活習慣病を考えると、「現代的なのだ」というところ。
まぁ、飲み出したらそんな事も忘れて楽しめるから、あとは酒のメニューって事なのだ。
最近の居酒屋さんは凄い!
大手居酒屋じゃ、千年経っても飲めなさそうな、まぁレアな酒の取り揃えが多い事!
近年の日本酒ブームって事なのかもしれないが、お店も蔵元も頑張ってるって事かな?
とりあえず、色々と頼んで食べて飲んで楽しめる隠れた名店だった。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/444-de5758f7

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する