@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

らーめん しょういん in 久米川

らーめん しょういん
夕方6時から、それも不定休、地元でなけりゃちょっと行くのに勇気がいる。
「らーめん しょういん」はそんな営業形態の店。
「ラーメン専門店 和」と云い、久米川は終電後の店が多いのか?

この日、入店したのは0時過ぎ。性別は全て野郎ども・・・それも半分はこの店での酔客。
残り半分も、仕事帰りか出かけ先の帰りにンビール一本をやりつつ、ラーメンを待つってな感じか。
女子には入り難い店のひとつか?
シラフなのは若き大将とその奥さん、自分の3人だけ!
お店の人がそうなのは当たり前にしても、飲兵衛の自分がシラフなのはラーメン屋以外では考えられない時間帯。

朝方までやってるとなると、他の飲食店従業員や終電帰りの酔客や真面目に残業帰りの人には心強いかも。
心強いんだが、困るのは不定休であること。
毎月変わるのだろうが、来月は唐突に2連休と単発の休みが入るといった感じ。
地元ならば諦めも簡単だが、暗くなってからの時間、わざわざ行って「休み」の張り紙は見たくないよね。
まぁ頻繁に通い、休業情報を仕入れておくしかない。

「しょういん」の斜向かいくらいにある珈琲問屋へは、もう何年も前から通っていて、来るたびにシャッターの降りたままのこの店を不思議に思っていた。
よくよく調べてみたら、夕方6時開店で朝方までの営業。シャッターしか見ないわけだ。
L字カウンターの向かって右側が厨房は、よく見かけた中華料理屋さんのパターン。
券売機はなく、食べ終わった後に会計する。

らーめん しょういん 塩とんこつらーめん
で、まずはお初なのでノーマル路線の「塩とんこつらーめん650円」を注文。
「粉落とし」「はりがね」等の麺の固さが頼めるのはまさに博多ラーメン。「替え玉(100円)」も注文できる。
出来上がったらーめんは「塩」なのに、醤油とんこつ的な結構な濃さの茶色なスープ。
自分が過去東京近辺で食べた「博多ラーメン」では、間違いなく一番色が付いている。
「博多ラーメン」系だが、スープ作りにこの店独自の方法があるのか?
しょういんは、久米川を良くから知る人の話では、過去同じ南口でやっていた「らーめん たつ」と云う店の系列にあたるそう。
修行した店が独特な世界観を持っていたのかな?

よく食べる博多ラーメン店よりはスープが多め。
薄めで柔らかめなチャーシューに青ネギのトッピングはスタンダードな感じ。
博多系の極細麺は、茹で時間の多少で食感が変わる本格派。
経験的に、茹で上がった後のドンブリ内の熱では麺のノビは緩やか。
だから、焦ることなく麺の風味と食感が味わえる。
ただしこの店も、営業時間帯=客層のせいか、スープが塩っ辛い。
ここの近所の「和」もそうだったが、こちらはレンゲ一口目から塩の角が塩にまとわりつく。
塩気の強さは徐々に薄れるってことがないから、食べ終わる頃にはかなりのくどさに。

麺も良いしスープそのものの風味は決して悪くなく旨いのだが、塩の強さはシラフの客向けには濃すぎるぞ。
〆ラーメンの、夜営業がメインなのだとしても、塩の強さは別ダレを用意して欲しいところ。
気の利いた他の店ではカウンター・テーブル上にボトルを用意しているぞ。

「塩辛さ」が非常に気になってしまった店だった。
おしいなぁ。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/434-23fd2402

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する