FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

横浜家系ラーメン 壱角家 清瀬店

壱角家清瀬店
清瀬にもやっと家系が・・!
たまたま買い物で小金井街道沿いのこの店の前を通りかかった。
「えっ!・・・ここは吉牛じゃなかったっけ・・・!?」
そうなのだ、いつの間にか家系の壱角家になっていた。
建物全体の雰囲気も違うから、居抜きというわけでなくかなりのリフォームが入っている様子。
清瀬の隣の秋津駅にある、家系「秋津商店」と色は違うが雰囲気はそっくり。
これが「家系」ってことなのだな。
内部2

内部1

壱角家清瀬店店内
自宅の近くでもあるし、これは食べに行かなければと連れ合いと一緒に昼飯しに行ってみた。
店内の様子も吉牛とはうって変わってラーメン店向けのレイアウトにきっちり改装されている。
昨年末の開店で・・気がつかなかったぁ・・・まだまだ内部もキレイ。
テーブル上のトッピングや薬味・調味料の多彩さは、いかにも「家系」って感じがする。
フロア係りのお姉さん達もヒマなく立ち回って声がかけやすい。
これってお店にとっては結構肝になる事。
料理の味と同じかそれ以上に大事なことだと思う。
メニュー1
メニューは、家系伝統のこってり濃厚とんこつの醤油 or 塩がベース。
あとは有料トッピングの種類で違いを出している。
今回はお初でもあるし、お店のHPからトッピングのクーポンを印刷してきたので「ラーメン醤油・並+無料トッピングのほうれん草」にした。

まだ午前中、他の客が少なかったこともあり、されほど待った感もなくラーメンは運ばれてきた。
昼のかき入れ時だと、厨房が上手く回転してくれるか?座席数がかなりある店舗だけに一抹の不安がある。
壱角家清瀬店ラーメン醤油・並
運ばれてきた"並"ラーメンは、丼からしてちょっと小ぶり。
わずかのことなのだろうが、直径も深さもふくらみも無い丼モノ用な感じのドンブリだ。
全般的な内容としてはギリギリ普通の量か?
メニュー写真と比較して、チャーシューも小ぶりに思える。
他店のごく普通のラーメンと比較してもスープは若干少なめかな。
結果としては「こってりスープだから良いか〜」ってな感じだった。

3×2mmくらいある、つけ麺用にも負けていない太麺は、もっちりしてまあまあな食べ応え。
もう少しコシがあっても自分的には大歓迎。
製麺所に特注とあるが、更なる試行があっても良いのでは?

感想として、これが家系らしさなのか?
家系のラーメン店は、わすが数軒しか食べたことが無いので確定はでき無い。
この濃厚とんこつは、もはや安定あるいは古典的とさえ言えるかも。
色も半ばで、ちょっと飽きがきそうな気配もあったので、用意されていた「きざみ玉ねぎ」と「おろしにんにく」を大量投入。
これで味に変化が出て最後まで美味しく食べられた。
無料の薬味はこのためのモノか?なんか用意しすぎな感じもする。
「飽きたら使ってください」って店が言ってることになる。
横浜家系ラーメン壱角家清瀬店

メニュー2

まぁともかく、清瀬駅近くの同業他店には申し訳ない。
こちらの壱角家さんの方が美味しいかも。
もう駅前では食べ無いかも。
ごめんなさいっ・・!(笑
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/426-9adc5438

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する