@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

Cool Beer Craft

札幌へ行った際は、必ずエールを飲みに行く。
最近では大手メーカーも、エールと名のついたビールを発売しているし密かなブームになってるようにも思う。

札幌市内では、駅前近くのPaul's Cafeか狸小路の外れのカラハナに行く。
どちらも勿論エールの揃えは良いが、世界のエールの種類たるや一軒の店で置ける数ではない。
よって、両店にないものを飲みたくなれば店を変えるしかない。

クール・ビア・クラフト
今回、新規開発ということで選んだのがこの店。
場所も便利な場所で分かりやすい。
豊水すすきのへ続く狸小路一丁目近く、雑居ビルにはいってるが通りに面した1階なので観光客でもすぐ分かる。
外観も内装もそれらしい雰囲気で悪くない。

嫁さんと現地の飲み仲間と3人で入店。
定番の瓶ビールに、その時期限定のものが別メニューになっている。
その別メニュー、10種類だったか?を3人でハジからハジまで制覇する。
フルーティと云うより、もろ果実香であま〜いものからホップがビシバシ効いた辛口までバリエーションは多岐に渡る。
食い気がはしり、写真を撮るヒマもなかった料理も"エール"に合わせたこだわりを感じた。
店員さんが各ビールの特徴を把握していて、ひとつひとつ質問しても的確に教えてくれる。
バイト等の多いフロアの店員が、そこまで把握してるのも珍しく頼もしい。
しゃべり方にも"面倒臭い感"をまったく感じず高好感!
店員さんがこうだと、より気持ち良く飲めるもんです。

料理はそこそこ、ツマミ程度の数しか頼まなかったが、
ビールに関しては"別メニュー"のハジまで飲んで足りず、冷蔵庫の中のちょっと珍し目のモノまで各種飲んでみた。
クラフトビールは元々単価が高い。
平均値を出すのも難しいが、店で飲む場合330ml一本が800円するクラフトビール。
10数種類は頼んだので、勘定を〆る時にはビール代だけで・・それですよ。
でも総額としては予想より下だったので一安心。
もちろん、普段の飲み会からすれば数割から倍増しに近い金額かもしれない。
でもまぁ、東京から行った人間にとっては札幌で飲む時くらいはそれくらい、良しとできる金額。
全体的にはリーズナブルと感じた内容だった。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/423-5d184464

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する