@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

札幌豚骨ラーメン常 on 羊ヶ丘展望台

札幌豚骨ラーメン常
道外の観光客はもちろん、道内の人も子供の頃に一度は訪れるらしい羊ヶ丘展望台の入り口にある。
もちろん自分も学生時代の修学旅行で訪れ、この店の入る建物の2階で昼食をとった記憶がある。
通りすがりじゃ一生気づかねぇな、と思いつつ、ちゃんとリサーチ済みで食べに行った。

登別温泉でランチバイキング、風呂につかった後に道央道を約90分。
札幌市内に戻った頃はそろそろ次のご飯時間。
豊平の美園にある「味の清ちゃん」でラーメンを、と行ってみたらスープ切れか早仕舞い。
方向的にとって返し、抑えとして考えていたこちらにお邪魔した。

店に入ってすぐ左に券売機
カウンターとテーブル半々のこの店、札幌じゃあ珍しい家族経営か?
フロアはお母さんが、この日は厨房に息子らしき男の影。
メニュー名もちょっと変わった雰囲気で、注文して食べてみないとメニュー名の意味合いがいまいち分からないかも。

まぁともかく、道外者の自分としては札幌では味噌が基本なので特製味噌ラーメン+チャーシューを注文。
この店は「無料トッピング」も特徴としている。
トッピングとはいうが、実際のところのはスパイス的な意味合いと考えたほうが良い。
いくつもある中で、自分は「マー油」をチョイス。
これが食べてみてから、味噌チャーシューと相性抜群なので大正解だった。
特製味噌チャーシュー

味噌ラーメンは、何十年も前からの札幌味噌の基本通りの作り方。
中太縮れたまご麺に、中華鍋でひき肉・玉ねぎ・もやしを炒めてからスープを合わせてある。
昔を知ってると、炒め野菜の風味がのったこのスープがたまらなく懐かしく、そして美味い!
これこそ近年少なくなった、王道の「札幌味噌ラーメン」だと思う。
チャーシューはしっかり食べ応えのある肉質だが。
チャーシュー麺で注文すると、ラーメン全般にトッピングされるものとは別のチャーシューがトッピングされる。
肉の部位が違うのだろう、カットの仕方に違いがある。
ちょっと変わってるのがメンマ。
サイコロ状に細かくカットしてあるが、これは札幌に限らず初見。
もう軽く50軒以上札幌でラーメンを食べてきたが、サイコロ・メンマは初めて。
ただし、その意味するところは食べ終わっても理解でき無かったが・・・

味噌でも種類があり、連れが食べた「合わせ味噌」はまったく風味が違う。
ベースによって味付けの変わるスープがこの店の特徴か?
札幌のいつもの滞在先からは、そう遠い場所ではないのて今後も2度3度と食べに行きたい店だった。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/420-593797fa

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する