@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

らーめん サッポロ赤星

らーめんサッポロ赤星
「赤星」のある、狸小路の西のはずれ七丁目の更に端っこは、六丁目までと比較すると場末感満載!
見上げたアーケードの屋根やら全体の雰囲気も、ここ七丁目はちょっと違う。
六丁目までは観光客向けな見た目だが、七丁目はいきなり地元感が漂う。
それでも近年、サフォークラムの士別バーベキューや美味いエールが飲めるからはな等々良い店が出来てるが・・・

ここ赤星は、醤油・塩に関しては一杯500円!
が、味噌がいきなり250円上がるのは何故?少々納得し難い部分がある。
ともかく、安い・旨いの評価が高い店なので、いつかきっと行きたいと思いつつアーケード内という立地上駐車場がない。
車で移動中にいきなり赤星に行くには、駐車場問題がネックとなるので下調べして下さいね。
自分の場合、「今回は赤星に行くぞぉ~」と気合が入ってたので、事前にコインパーキングを調べて行ってきた。

カウンターのみの鰻の寝床店舗。
冬場、背後の壁に分厚いコートを掛けた客が手前側にいると、奥までたどり着くのにかなり難儀に思う。
注文したのは、高いと呻いた味噌ラーメン・・の、それもチャーシュー麺。
250+250円の500円増し・・・!
単純に倍増ですかね。
味噌チャーシュー麺に限っては、安いどころかちょっと高い。
赤星メニュー

博多ラーメンほど煮出していない、豚骨ベースと思われる半濁のスープ。
これが非常に良い具合にスルスルと食べさせてくれるし、トッピングの感想岩海苔も戻りやすく食べやすい。
近年流行している「ドロドロ」なスープは、どうもラーメンらしく食べられないな。
この店の売りは、独自の「さばにんにく」の粉末。
後載せの調味料として、カウンターにも置いてあるし土産としても売っている。
このスパイスが、元のスープにも使用され風味を増加させていると思われる。
味噌チャーシュー麺

濃いドロのこってり系が多い昨今、「中華そば」でもないのにこのさっぱりあっさりは珍しい。
これだけあっさりで醤油・塩が500円ならば、それこそ毎日通えるラーメンとしての矜持は充分。
普通の町のラーメン屋でも、近年あまり聞かないワンコインラーメン。
インフレに負けるなっ!続けられるだけ続けていってほしい。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/419-0a3ee004

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する