@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

らーめん せたが屋 羽田空港店

羽田空港は年に数度利用するが、国内線オンリーなため国際線ターミナルは利用の機会がなかなか無い。
開設以来「行きたい行きたい」と思いつつ、今回ようやく「せたが屋でラーメンを食う」を理由に寄ってみた。
搭乗前にちょっとの余裕を作っただけなので、国内線ターミナルへすぐ移動となり本当ラーメンを食べるためだけの立ち寄り。
それだけ有名店の「せたが屋」のラーメンは興味深い。

せたが屋_羽田空港店
「江戸小路」というエリア内への出店だけに店構えの作り込みは結構凝っていて、それなりに「江戸感」を演出している。
でもまぁそれは、外観だけのことで店内に入ると・・まぁ普通のラーメン屋って感じでしか無い。
外観が凝っているだけに、内装もあと一歩頑張って欲しかった。

入り口のすぐ右側にある券売機で食券を購入。
ひとりきりだったが、カウンターにはまだ空きがあるのに奥の2人掛けのテーブルに案内された。
機内持ち込みのリュックを背負っていたための配慮か?
大きな荷物はラーメン店では結構置き場に困るもの。
配慮だとしたら大変ありがたい。

なんにしても初めてのせたが屋。
その名を冠した「せたが屋らーめん」は待つというほどの時間はかからずテーブルへ。
見た目はよく見かける感じの盛りつけで特別感は全く無い。
半分に切られ味玉ひとつにチャーシューが4枚、海苔とアオザらしきものに加え雰囲気にあまり合わ無いナルト巻き!
写真じゃ見え無いけれど拍子切りの極太メンマが数本と、みじん切りされたネギが少々、薬味レベルですな。
スターダードなトッピングと言える。
せたが屋らーめん
スープは、ちょい濁った醤油ベースでレンゲひとすくい目は「ガツン!」と魚粉らしき風味が来る。
これは節でとった出汁の風味では無いと思う。
後入れの魚粉としか理解でき無い。
この風味が大波となって押し寄せた後はいたって穏やか。
がしがし旨味が怒涛のように押し寄せるタイプではなく、スープ本体は穏やかに後を引かせる味わい。
最初の押しの強さが後々続けば途中で飽きも来そうなものだから、うまくバランスをとっているように思う。

せたが屋の店主・前島司氏は、最近自分の店のラーメンとは別個のラーメンの批評というか?
まぁ某番組の企画のアドバイザーとしてテレビに露出している。
で、その番組内での発言そのものが、支店とはいえ自身のラーメンで体現されているかといえば「否」と評価する。
旨いことは旨い、でもまた来たい!と思わせるほどの力を、羽田空港店のラーメンには感じなかった。
ひとすくい目のガツンより、後々じわじわ旨味が上がってくる、そんな感じの方が自分的には後を引く。

どちらにしても、国際線利用でないと毎回は難しいし国内線の方には別の有名店の支店がある。
そもそも、それなりの豪華さはあるが、これ一杯が1000円超えは場所の特別性を考慮してもちょっと高い。
名を冠するラーメンは、普通の路面店と同等の900円以内に収まる価格にしてほしい。
わずか100円ちょっと、されど100円ちょっと。
ラーメン一杯の150円ほどの違いは大違い・・・!

次回はこちらへ出張せずに、国内線の有名店かなぁ〜、感想としてはこんな感じ。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/416-834bac04

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する