@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

麺屋黒琥 久米川

麺屋黒琥
ひと言、久米川が羨ましい。
地元より、うまいラーメン屋が駅前に多い。まぁ久米川に限らずなんだが。
東久留米も散らばってはいるが通いたい店が多いから、やはり自宅近辺はエアポケット状態な感じは拭えない。
ホント自宅の近所はラーメン不毛地帯と言っていいくらい・・無い!

町のラーメン屋で、そこそこの懐かしい味の店はあるが、ガッツリ喰いたい時には物足りない。
大勝軒でも二郎でも家系でも良い。
とんこつの美味い店が一軒あれば・・・
「めんりき」も生活圏にはあるが、あそこでは「ラーメン食いてぇ〜」とはなら無い。

今年9月の頭の開店時、たまたま前を通りかかったら結構な人だかり。
「ああっ新しいラーメン屋ができたんだ・・」とは思っていた。
ただ、久米川駅前は、他にも行きたい店が何件もあったから、客足が落ち着いてからにしようと思いつつの今回。
昼飯時も大分過ぎての時間だったので人はまばらだったが、自分が入る直前に3人さんほどの先客が。
加えて自分のと、いっぺんに注文が入ったせいか・・あるいは太麺のせいか?
出来上がるまで少し長めの印象があった。

券売機にて「黒琥ラーメン+特製味玉」の食券を購入。
黒琥ラーメン
食レポに、店のインテリアなり食器を含めるのはどうなんだ?
と思いつつ、黒いカウンターに黒い丼と醤油の黒さマー油・・・黒琥ラーメンだと全部黒い。
とんこつ醤油ラーメンなんかは、比較的白っぽいスープだから良さそうだが、ここは丼が全部黒だ・・・
個人的にはだが、あまり良い印象はない。
少なくとも色のせいで、手暗がりになりラーメンそのものが見た目あまり美味しそうに見えない。
黒琥ラーメンは丼の色を変えたほうが良いように思うが・・・

麺は太麺。
今よりは細めの、つけ麺が流行りだした頃のそれと同じくらいの太さかな?
餅のようにプリッとしてるというよりも、め麺の中心に多少の粉っぽさを残りたガッツリ食べる系。
製麺の具合が絶妙なのか、小麦をしっかり食べてる感じがする。

黒琥ラーメンは「マー油」たっぷりで黒い?
マー油というと「焦がしにんにく油」って事らしいが、これも過去あまり体験はない。
だから少ない記憶としては、もう少しクドさを感じると思ったら意外。
柔らかくにんにくの旨みが溶け込み優しい風合い。
ただし、このマー油、量が多いのかスープと混ざり合わず溶け合わず。
レンゲでスープをすくう時に工夫が必要となるかも。
マー油だけではあまり飲みたくないからね。

ここの「とんこつ」はコッテリ系ではなくあっさりに近いのか?
黒琥ラーメンの場合、マー油が効き過ぎてるせいなのか?「とんこつ感」を感じない。
「とんこつ臭」が苦手な人には良いかもしれないけどね。
メニューを見ただけでは「魚介系」は入ってないようなのだが、レンゲの一口目・二口目は「節系」の風味を感じた。
「節」と云うよりは、最近多い「魚粉」的舌触りかな?
マー油とこの魚粉味が相まって、とんこつ風味を消している。
美味しいが、どれくらい美味しいと評価しにくいラーメンだ。
たぶん、この曖昧さは上記しているマー油のせい。
下に油の幕が張られて味覚がぼけた感じがした。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/398-35a81323

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する