@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

そばきり すゞ木

店内
保谷近辺じゃ「名店」って良いんだろうけど、個人的には「一喜」の方が好きかな。

「一喜」も保谷駅からアクセスできる蕎麦屋。
駅からは歩きじゃちょっと遠いが行けなくはない。
南北に走る新たな新道沿いだから、車の方がアクセスが良いかもしれん。
ただし、駐車場がどうだったか・・・?
建物は一般住宅の一階を改装した作りで、実際はともかくとして、
「蕎麦職人が引退後、あるいは素人の趣味が高じて始めちゃいました」系。
だからメニューも町の蕎麦屋の延長上。
だがしかし、こちら「そばきり すゞ木」は店内もシックな高級感。
内装に関しては、完全に一喜を上回っている。
メニューの構成も会席料理風で一樹より上。
だが、しかし・・・

昼ランチ2500円のコースで予約した。
内容的には女性あるいは年配の人向けなのは間違いない。
まだ若いつもりの自分には、ちょっと量が足りなかったな。
きのこのもろみ和えと人参のきんぴら「きのこのもろみ和えと人参のきんぴら」
ズッキーニと塩こんぶと・・・「ズッキーニと塩こんぶと・・・」
だいこんのたまご味噌と煮浸し「だいこんのたまご味噌と煮浸し」
出汁巻玉子「出汁巻玉子」
メインの「せいろ」と「デザート」を除いた全7品。
どれも直径8〜9センチ程度の小鉢に、食べ方にもよるが3口ほどで食べることのできる盛り付け。
丁寧な仕事をしているようだが、どれも味付けというか火の通り方が家庭料理レベル。
まだハシリの大根は、ふろふき風に仕上げるにはちょっと固かった。
他の料理も想像できる味付けで、特別感はあまりない。

着席後すぐに蒸しタオルと蕎麦茶のサービス。
予約のせいか、注文の確認もなく料理が順々に配膳されていく。
飲み物の注文を聞かれなかったのは、昼は提供してないから?そんな事ないだろうけどねぇ。
言わなきゃ出してくんない?
でも、テーブルにメニューは置いてないしすぐに料理が出てきたからねぇ。
注文のいとまがない。
後で調べてみたら、ちゃんとポン酒のメニューもあるじゃないの。
こういった事も含めてのサービスだと思うんだがなぁ。
客の事情によっては、昼から酒を飲みたい場合もあるから、一品目の配膳前に確認してほしいところである。

せいろ「せいろ」
料理に関しては上記した通り、特別感はないがバリエーションに富み飽きさせることはない。
メインのせいろは、中央部が凸型に盛り上がった水切れの良いざるを使用している。
水切れはよいが、しかし見た目より量はかなり少ない。
確認したところ、追加注文に応える量は無いとのこと。
予約人数分、すでに蕎麦打ちしてしまってるってこと?
立ち食い蕎麦と比べると、量的には半分くらいか。
この量で満足できるかは、まったくもって個人差によるなぁ〜
自分の場合、蕎麦を味わう為にはあと少し量が欲しかった。

麺つゆはかなり濃い。
見た目は限りなく「醤油そのまま」な感じ。
そうと知ってて食べたことは無いが、これって「御膳がえし」ってやつなのかな。
濃そうに見えて・・実際濃いことは濃いが、もちろん醤油ぽいわけでは無い。
江戸蕎麦のような「つゆのちょっと着け」なら問題無いが・・・
さりとて鰹節の香りもあまり立たず、ここでも物足りなさを感じた。
単に「味付け」してるだけぇ〜って感じだな。
蕎麦自体が「江戸蕎麦」よりは「更科」に近い感じで香りは薄い。
そうめんに近い、蕎麦としては限界に近い細切りゆえつゆが強すぎるのも良くないか?
個人的には、蕎麦の風味と鰹節の風味がもっと立ってるものが好みだが・・・

料理がともかくとしても、メインの蕎麦の主張がない。
やはり、蕎麦屋の顔である蕎麦には個性というか特徴というか、もっと強さが欲しい。
現状では、しばらくすると「どんなんだっけ?」となりかねない主張のなさ。
「細くて味がなかった」なんて、弱点の方をいつまでも記憶されかねない。

全体的に悪くはなかったが、自分向けの店でない事は確認できた。
蕎麦そのものに関しては、一喜より確実に星0.5下だよなぁ〜
芋羊羹(デザート)「デザートの芋羊羹」
甘いもの嫌いゆえ、連れにパス!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/395-f057ec5c

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する