@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

福龍

福龍
以前、同じ場所に「梅園」というラーメン屋さんと云うより、中華屋さんと呼ぶ方が似合った店ががあった。
福龍も同様、町の中華屋さんといった感じ。
居抜きのような感じで、店内もほぼ同じようだと思う。
この福龍は、以前は清瀬駅前から路地に入ったところにあったあの「福龍」かな?
駅前にあった福龍へは二〜三回ほど言っ事がある。
家族経営で、厨房を父子が担当しフロアをお母さんが・・だったと思う。
移転したのだとすると、店は小さくなったしその息子が一人で切り盛りしてるところに時代を感じる。

メニュー
メニューを見ると、いろいろな麺メニューと定食メニューもそこそこの種類があった。
駅前時代を覚えてないが、町の中華屋としたらポピュラーなラインナップか多い方かな。
腹減りだったしお初気分だったので半チャーハン付きのセットを注文。
3〜4分程度の待ち時間で、ラーメン半チャーハンセットが目の前へ。
ラーメン半チャーハンセット
ラーメンはうどん・そば用のような和風なドンブリで珍しい。
内容としては、専業ではない一般的なラーメン屋のものと同じよう。
パサパサのチャーシューも逆に懐かしい感じ。
そにれ引き換えスープがちょっと変わってるというか・・変わっちゃい無いが普通っぽくない感じ・・・?
色は比較的濃いめなのだが醤油っぽさがない。
よって塩っぱさはほとんどなく、醤油ラーメンとしてはかなりマイルド。
業務用のスープなんだろうけど、化調感もまったくないからすっきり飲める。
ただ、おとなし過ぎる感もあり「また食べたいとは言いにくいなぁ」。
ラーメンスープはほんと難しい。

チャーハンは、半チャーハンの割に量は多め。
玉子チャーハンって感じな甘さがいっぱい。
個人の好みとしては、もっと胡椒を振ってくれぇ〜スパイシーさがちょっと足りない。
ラーメンならば後から振れば良いが、チャーハンは後がけでは良く混ざらんからなぁ〜
強火であと30秒鍋振りをして、熱々状態にしたら更に美味くなりそう・・とも思わせてしまったところが惜しい。

全体として、美味しいけれどこれといった特徴がない。
結局のところ「町のラーメン屋さん」って事か。
厨房の兄さんもあまり元気がない。もっと声出ししないとね。
あまりうるさいのも勘弁モノではあるが・・・
この近所、駅前まで歩くには遠く徒歩圏内に他の飯屋もない。
病院が結構多い地域なので、その関係者への周知がなされればそこからの客が見込めるかな?
ともかく、料理はやはり味なのだから、特別感を求めないにしても特徴は出さないとね。
そう意識すれば良い店になりそうなのだが・・・

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/394-90284501

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する