@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

みゆき食堂

外観、もちろん・・ってか、夜
清瀬に住んで、はや15年くらいか?
「みゆき食堂」の存在に気づいたのは10年前くらい?
ある意味、ここと同じような「駅前食堂」は、結構どこの駅前にもあるものだ。
大抵は「古くて汚い」ってーのがふつーで、生まれ育った町でもない限り「入ってみよう」なんて思わせない雰囲気がある。
雰囲気つーのは、要するに「汚い」からだね(`。`~~~

「みゆき食堂」だって御多分に漏れない、汚いです・・・見た目がね。
ただまぁ、テレビドラマの「孤独のグルメ」の第4シリーズか?で取り上げられて以来、かなり賑わってるよう。
常連さんに申し訳ないくらい・・・!
と云う自分らも、井之頭五郎に影響されて、ついに食べに行ってみた。
みそニンニク ジャンボ餃子ハーフ もやしピリ辛炒め この3つ「五郎メニュー」だったかな?

連れがふたりで計3人、シェアしまくって食べ過ぎた。
多くのお客さんよりもかなりの品数を頼んだようで、1人頭2000円オーバーだった。
普通に、夕飯代わりに食べて瓶ビールを空けるくらいなら1000円台で収まるリーズナブルさ!

一度でも行った人は知っている。ご存知のように「洒落っ気」は一切ない。
町に昔からあるごく一般的な食堂である。
「孤独のグルメ」で取り上げられたが、テレビ的な気の利いた感は皆無である。
完全に地元民の店ですな。

夕方の5時も過ぎれば、8時すぎまでは絶えず満席状態か?
自分たちが入った6時くらいは、後から後から来た客が満席状態に諦め何人も帰って行った。
定休日の多い店なので、事前に調べないと最初からやってない可能性も高いが、夕方でも4時くらいに入って奥の方に席を確保すれば「長っ尻」も可能かな?
ただし、その場合はテーブルひとつで済む少人数にしましょう。
ふたつ以上占有するのは迷惑だ。

料理全般は完全に食堂というよりも「家庭料理」的な感じ。盛り付け・味付け含めてね。
特に「美味し〜」と云うほどではないが、まず万人に好まれる味付けで嫌いなはすがない。
際立った味付けじゃないから毎日食べても飽きがこない。
この「極普通」感がこの店の特徴か。
タコマリネ とうがんのあんかけ モツ煮込み肉じゃが
先ずは居酒屋メニューでビールですなっ!


狭い店の割に座席数はある。
加えて「ご飯食べに来てる」感じの人も多いわけだから、厨房への注文数も多いはず。
よって一品一品ちまちま頼んでると、なかなか食べ物は出てこない。
事前にある程度傾向を定めておいて、席に座ったら複数メニューを即注文!
頼んだものが全て出る前に追加注文!
テーブルが埋まらない程度の注文のつるべ打ちで頼むのが賢い方法か?
炒飯 〆の「炒飯」
と云うよりは「焼き飯」的。ちょっと味付けが足りない。
美味かったと聞かれると「ビミョ〜」で、自分で作った方が方が旨いな〜


グルメサイトの写真を見ると、メニュー数がやたら多いようにも思えるが、結構な数が定食等の「ご飯メニュー」だったりする。
ご飯を食べに行くなら、素直に定食メニューを頼むのも手だ。
「飲み」で行くつもりの人の場合、意外や「単品メニュー」は沢山とは言い難いから要注意!
よくよく「傾向と対策」つーやつを立てて、ちゃっちゃっと注文して飲むのが上手な注文と言えるかな。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/393-df689559

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する