FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

函館ラーメン あじさい

あじさい外観
10年ぶりに「味彩塩拉麺」を食べに函館へ。
自分の口が肥えたのか?ラーメンそのものを食べ慣れたのか?
10年前の塩ラーメンの感動はなかった・・・でも、大変に旨い。それは変わらない。

実際は、函館山夜景リベンジのために函館へ。ラーメンのためだけ、つ〜のもなかなか難しい・・!
前回はガスっていたし、夕方過ぎのJRで札幌へ移動するため見られなかった夜景を、10年前ぶりに「味彩塩拉麺」食べるついでに・・・ありゃ(^_^;
どちらのウエイトも重い事に変わりなく、函館に行ったならなら「あじさい」は外せないでしょう。

五稜郭公園の入口脇の店舗は、内外どちらも古びず綺麗なまま。
清掃等がかなりちゃんとしている。
他の店も、是が非でも見習うべきですね!

正午を過ぎると五稜郭観光の人で混むだろうと予想して、午前中のうちに入店。
これが大正解。
10年前と同じ「味彩塩拉麺」を注文。
フリーペーパーのトッピング無料券を使って味玉を追加。
配膳されたラーメンは、見た目は記憶に残る通りの澄み切ったスープのラーメン。
刻み葱のトッピングがたくさん・・こんなに載ってたっけ?
ここは記憶の不確かなところ。
味彩塩拉麺
10年前のあじさいは、自分にとっては初の函館塩ラーメン。
それまでは、塩ラーメンといってもインスタントくらいでまともに食べた事はない。
生まれて初めての、本場の塩ラーメンは衝撃的に美味かった!
東京などの店で食べる塩ラーメンは、函館のモノとはまったくの別物。
どちらが旨い正しいというつもりはないが、元祖で本家は函館だよな〜
今回は、その衝撃的なまでの美味さは感じなかったが、それは「初めてじゃないから」と納得済みの事。
毎回衝撃を受けるわけがない。

あじさいの塩は「塩」をイメージさせない、スープの甘みとまろやかさが売り。
塩っぱいのが「塩ラーメン」じゃ、そりゃ体に悪い!ダシの甘みを感じて当然。
ダシの旨みと甘みにプラス、多めの刻み葱のほのかな辛みが非常に合う。
この葱は辛みだけでなく甘みも強いかな?
デフォとして他に、チャーシュー・メンマのトッピングされている。
このトッピングがなくても、すラーメンに近い葱塩ラーメンとして美味しく食べられるスープだ。

個人的には、麺の力が少し足りないように思う。
マイルドでありながら、厚みと膨らみのあるスープ。
細縮れ麺よりも、中太くらいの少々太めな麺の方が、このスープに合うのではないか?
ほんのわずかな太めですな。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/386-45c79d58

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する