@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

男山・特別本醸造「寒酒」

男山・特別本醸造「寒酒」
「男山」をなのるポン酒は数あれど、個人的には旭川の木綿屋男山本家が第一!
何たって、男山株式会社なんだから。
会社の沿革やら、由来やらを調べたわけでもなんでもないから、どうなのかはわからない。

男山・特別本醸造「寒酒」うんちくをちょろっと・・
「寒酒とは、寒に入ってから作る酒で、江戸時代は寒前酒・寒酒の順に値段も高かった」酒だそうだ。
この寒酒、精米歩合は純米酒程度。
もちろん純米ではないので、醸造アルコールは添加されている。
ただ、表示だけ見ても醸造アルコールの添加量などは書いてないからどれくらいかは分からない。
飲んだ感じは、すっきり雑味なしで淡麗だが純米酒のような素直な甘みがある。
裏のラベルには「燗にするとさらに甘みが増す」とあるが、自分には冷以外考えられない。
燗したら、この爽やかさが台無しだ。

見た目はわずかに黄色味がかってはいるが、ほぼ無色とも言えるほどの色合い。
飲んで爽やか、上品なジュースを飲んでるみたい。
本醸造としてはかなり出来が良い。
クセになりそうな逸品だった。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/378-7478c516

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する