FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

羽田大勝軒

羽田大勝軒
東池袋の本家「大勝軒」の創業者・山岸氏が亡くなってから季節も変わった。
本店では食べたことはないが、山岸氏の弟子の手になるラーメンはいくつかの支店で食べたことはある。

札幌へ帰省した嫁さんの後追いで羽田からのフライト・・・とその前に、なにか旨いものは探していたら。
ANA系が第2ターミナルに移って以来、普段は立ち寄らない第1ターミナルに「大勝軒」があるじゃ無いの!
と云うことで寄り道寄り道!
「せたがや」もあるということだけど、こちらの方が、さらに寄り道になりそうだったので今回は見送り・・・
次回は是非行ってみたい。

「某食べログ」で確認して行ったわけなのだが、いざ行ってみると「北ウイング?南ウイング?」
「某食べログ」には第1ターミナル2Fとしか書いてないわけよ。
ガンバレ!ブロガー、レビュアーさん!
館内マップを見ても、見たものが悪いのか見方が悪いのか、大勝軒の名前を発見できず。
結局、館内を南ウイング周りで3/4周・・要するに北ウイングのはずれで、ようやく「羽田大勝軒」の暖簾を発見!
あ〜汗かいた。
結論を要約すると、第1ターミナルに入って右手が北ウイング。
そのまま右手方向へずずずい〜と歩き進めると、右手隅階段下に暖簾を発見できるはず。
さすがにターミナル内のこと、行列までは出来ないから予定をちょっと早めれば悠々食べられますよ。
30分早く着こう!

半熟煮玉子ラーメン
で、本題へ。
「半熟煮玉子ラーメン」を目の前にした第一声は「店ごとに違うなぁ」だ。
ドンブリの大きさからスープの見た目加減。
麺の質感もずいぶん違うように思える。
見た目だけなら、保谷よりこちらの方が好み。

本店のスープは、げんこつ・豚足・鷄ガラ+煮干・鯖節・魚粉だと聞くが、ここのスープも「げんこつ+節」の風味をよく感じる。
麺も「多加水卵中太麺」なのかな?たまご麺らしい食感をあまり感じなかったが、食べ応えがあり量もフライト前なら「並」で十分。
食券を買う段では割高感も感ずるが、煮玉子をトッピングされてないと「らしく」ない。
結局のところ、食べてしまえば大満足。
もともと店賃も高いだろう施設の中の店舗なのだ。

「某食べログ」では、芳しい評価をあまり受けてないようにも感じるが、僕はここのラーメンは旨いと思う。
ネットレビュアーの多くは「旨い」と「好み」を間違えている嫌いがある。
いろいろ読んでると「好みじゃない」=「旨くない」的な評価が出てくるのだ。
それはおかしいだろ、ってんの。
旨いけど好みじゃないもの、あまり旨くないけど好みなもの。
これって「キモ可愛い」的な表現でありではないかな?
グルメに限らずAmazonなどのレビューでも、
「買ったけど自分に合わなかった」という理由で低い点数をつける奴もいる。
ものの考え方が幼いというか・・・そういうレビューは役に立たんから書いて欲しくないものだ。
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/377-bc312023

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する