@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

龍力 大吟醸「米のささやき」

龍力・大吟醸_米のささやき
大吟醸龍力「米のささやき」

兵庫県姫路市の本田商店の代表銘柄。
年2回ある吟醸酒の会はもちろん、熟成古酒でもお世話になってたかな?
蔵人に面が割れているほどの馴染みではないが、何かと飲む機会は多い。
でも、自宅で飲むのは今回が初めて。

本田商店は、県内産の米にこだわっている。
お隣、岡山県産の米を使用している銘柄もあるようだが、この「米のささやき」は兵庫県産特A地区の山田錦100%使用だ。
昔で云うところの「播州産」という事だろうか。

醸造アルコール添加の所為と云うだけではなく、この酒そのものが吟醸酒ということで全体的に香りが軽く・・軽くといっても微香なだけで爽やかな吟醸香は香る。
舌先のちょっと上に残る酸味は、同時に感ずるほのかな甘みより余韻を続ける。
全体的に滑らかに喉を通る旨さは「さすが龍力!」

自宅の台所は構造上の問題で、特に暖房を入れなければこの季節は終日10度前後の室温となる。
米のささやきのラベルには10度前後(厳密に言えば8度)の冷やで、とあるのでそのまま常温で保存。
煮炊きをすれば必然的に室温は上がるが、短時間のこと、箱入りの酒までは影響はない。
そのまま置きっぱなしで3日間に分けて飲んでみた。
蔵元としては「開封後はお早めに」とはあるが・・・
封の開けたては若干風味は軽いが、かといって3日後に酸化が進んで悪くなっているかといえばそんなでもない。
決して安くないこの酒は、一晩限りで飲みきるにはもったいないもの。
3日経ってこの風味なら、かえって残して置いておいて、もありかな。
わずかな味の変化は「コク」につながり、それはそれで旨い。
蔵元は勧めないかもしれないが、そんな感想の酒だった。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/357-c9032e4d

ケノーベルからリンクのご案内(2015/01/09 09:29)

姫路市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する