@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

とんこつラーメン「ぽんこつや」

スーパーぽんこつ(塩)
仕事先のひとつがある飯能市。かれこれ七?八年、平均すれば月一程度だが通っている東飯能駅近くのラーメン屋に寄った。
最近では、グルメ系のブログ等でも取り上げられる機会が増えたので、今や知る人ぞ知る名店?
以前はあったと思った味噌がなくなり、現在は醤油・塩の2種類。トッピングの違いでメニューは二桁を軽く超える。が、いつも食べるのは「ぽんこつラーメン」。数年前の店内改装後にできた新メニュー(写真)の登場まではこの店のトップグレードだったもの。
ちなみに、写真のスーパーぽんこつのどんぶりの後ろに立てかけてあるように見えるのは、海苔です。見りゃぁ判るか(;^_^ ふつうの「ぽんこつ」は、この海苔がなくチャーシューも1/3くらいの大きさ。もやしの量も少ないかな? 写真にもちらっと写ってはいますが、醤油ダレで煮た角煮ものってます。
どんぶりの大きさは、今時の専門店と比較するとかなり小さめ。町の中華屋さんと同程度と思って量を想像してみて下さい。

看板には上がってないが、バリカタのストレート細麺と端麗なとんこつスープから、ベースになっているのは「博多ラーメン」と考えて間違いなし。
行った事はないので断言できないが、これだけの量のトッピングは本場にはないでしょうね。
ただ、看板から外してある事を考えても、この店のマスターは「博多」にこだわる事なしに自分の、あるいは地元飯能あるいは関東圏の味覚に合うラーメンを追求してるのだと思う。

20時間以上炊き上げたと云うスープは、カウンターからも見える厨房裏のスープ工房の巨大なずんどうで仕上げられたもの。ラーメンブームに乗って開店した店のとんこつとは違い、臭さはまったくなく、まろやかで甘味すら感じる旨味たっぷりのスープだ。
「博多風」にしろ、博多ラーメンを食したのはこの店が初めてだったと思う。本場のものとは違うにしろ、そんな事はまったく関係ない、病み付きになるラーメンだ。
実際、飯能に立ち寄るたびに食べてるのだから、完全に「病みついて」ます(;^_^

店の場所は、西武線あるいはJR八高線の東飯能駅から徒歩2分。詳しい場所はググって下さい。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/35-5f95c595

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する