FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

越乃柏露「雪の露」薫

越乃柏露_雪の露
順番違いで、第二弾の「醇」から第一弾「爽」へいって、第三弾にたどり着き・・・
純米吟醸の「薫」だ。

雪の露シリーズ第三弾のこいつが一番のくせ者かも・・・!
クセがある。
「香りの純米酒」と云う割りに香りは強くない。
吟醸酒と云えば「淡麗」が今時じゃ代名詞で、薫のは吟醸香。
でもこの「純米吟醸」は燻されたようなスモーキーさを感じる。

よく、赤ワインで「スモーキー」とか「革袋の香り」なんて表現するが、それと同系統の風味。
ただし、だからと云って赤ワインぽいのではない。
この酒の「薫」と云う名前は「薫る」ではなく「燻蒸」のくんのように思える。
あ〜でも、臭いわけじゃございません!

口に含んだ風味は、甘味は本当に僅か、甘味が僅かだから感ずる酸味。・・・後は何だ?
アミノ酸の旨味なんだろうけど、それを粉飾する余計な味がないから、いざ正体が表に出ると何と例えられない!
「初めて」とまでは云わないが、そんなに頻繁に出会える風味ではない。
でも何か新しい感じもしなくはなく・・・これが感想かな?

この酒、冷やした方が旨いと思う。
それこそ、キリキリと!
冷凍庫で凍る寸前まで冷やしても良いかも・・・冷凍庫に入れた事を忘れないで下さい!
入れて1時間過ぎたら5分ごとに冷え具合を確認して下さい。
そんな酒だな。
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/331-ae9b5c64

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する