@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

俺の一杯 光

俺の一杯 光 東村山店
以前は「ラーメン餃子 しばちゃん」でその後「麺屋宗 とりそば総本店」に変わり、今度は「俺の一杯 光」と看板が変わってきた。
多少のリフォームはあっただろうが、ほとんど居抜きで変わってきたか・・・?
前の「麺屋宗」時代に、ハワイアンエール(ビール)置いてあった・・・はずで、今の「光」でも置いてある。オーナーは一緒で、看板の架け替えか?
「俺の一杯 光」は本店が国分寺。
オーナーが多摩の人なら、国分寺とは違う店として「麺屋宗 とりそば総本店」を始めてみたが、入りが悪くてやむなく閉店。・・・そんな推理も成り立ちが・・・いかに?

本店の方にはお邪魔した事が無いので、そこんところがど〜なのか分からないのだが、こちらの店は店前のノボリに「本場の味 北海道ラーメン」とあるし、味噌がデフォのようだから札幌味噌ラーメンを意識してるに違いない。
だとしたならば「味噌」にちょっと勘違いがあるかも。
札幌味噌としては味噌が辛過ぎる。

郷土料理からして、ムラはあるにしても北に行くほど味が濃くなる法則がある。
味噌も九州の甘い麦味噌から、北上するに伴いだんだんと塩辛くなっていくようだ。
ただ、光の味噌は「塩辛い」のではなく単純に「辛い」。

各店が個性を張っていろいろな風味を競い、どちかつ〜と統一的な「札幌味噌」と云う味が無くなってきたのが今の札幌ラーメン。
それからすると、光の味噌ラーメンが辛かろうがどうだろうが「北海道ラーメン」と名乗っても間違いはないとも云える。

麺は黄色みの強い中太縮れ麺で、おそらくは無カンスイのタマゴ麺で極めて札幌ラーメン的。
炒めもやしのトッピングも、古くからの札幌味噌ラーメンのトッピングに近い。
玉ねぎを一緒に炒めて載せるともっと札幌っぽいかな。
焼豚味噌ラーメン
ドンブリの右上の方にある、肉のソボロもチャーシューと同じような濃い味を付けてあるが、なじみ深い札幌味噌ラーメンの場合、挽く肉がスープに含まれていてもトッピングに使う事は無い。
部分部分を見ていくと「らしく」作ってあるようにも見えるが、一杯のラーメンとして評価するには「札幌味噌ラーメン」からは離れる必要がある。

東京では、他店には見られないタイプの味噌ラーメンと云えるかも知れない。
そういった意味では個性的だが、高い点数を与えるには難し部分が多い。
味噌ラーメンとしての完成度、味のバランスが悪いなぁ〜
東京でなら、その個性を買って65点。
でも、札幌でなら45点と云ったところ。先行きが危ぶまれる得点だ。
平均を50点とした場合は平均以下だからだ。

東京で、郊外の東村山にあって「札幌味噌ラーメン風」をどこまで気に入ってもらえるか?
交代の多かった店舗にあって、今後長く続くかはそこいら辺の意識に頼るのみ。
自分ならば?
3ヶ月に一回行けば良い方かなぁ〜?

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/321-1c001155

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する