@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

お立ち酒

20090607003649
「お立ち酒」と聞いてもピンとくるのは年配の方々ばかりだろう。
それも、婚礼の際に唄われる民謡の方と思われる。
日本酒通の方でも、ほとんどの方が知らない、その名も「大吟醸・お立ち酒」と云う酒がある。
酒造元は越後の大洋酒造、お立ち酒の会が企画したものだ。
吟醸酒ならではの軽い華やかな口当たりと、米の滋味を感じる後に残る甘味。
一升6千円、四合3千円。酒が安くなった昨今、決して安くはないが充分に実力を感じさせる逸品だった。

だった…過去形なのは、ついさっき一瓶飲み干したばかりでして…買いにはしらねば!
国立の福井酒店で販売中です!

大洋酒造株式会社 新潟県村上市飯野1-4-31
原材料: タカネ錦・醸造アルコール、精米歩合50%、酸度1.1、日本酒度+6.0、使用酵母: 協会9・10号
杜氏: 田沢勝(越後杜氏)

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/32-84e379f6

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する