FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

中村酒造 純米酒 高尾山

中村酒造_純米酒高尾山
中村酒造、純米酒「高尾山」だ。
前回の帝松でも書いたが、東京あるいはその近郊の酒を信用していない。
つい昨日、豊島酒造の前を通りかかり、一所懸命仕事する蔵人を見てケナし過ぎたと反省もしているが、やはり自分の好みとしては旨くない。

屋守は、郊外・都心に関わらず居酒屋の定番的に置いてある店を見かける。
実際飲んでみても旨いから分かる話で、屋守以外の東京地酒で定番化している酒はぎりぎり「澤の井」くらい。
澤の井ですら合格点を与え辛いのは、より蔵出しに近い蔵元直営店で飲んで感じた結果だ。

帝松は、それでも埼玉でも群馬に近い。東京地酒とは云い難いから別物として、今回の中村酒造は都下あきる野市、山沿いの土地にある。
今でこそ圏央道もでき交通量の多いところだが、一昔前はのどかな東京の田舎であり、水の心配も無かろうと云う土地。水には期待できる。

蔵の門の前には「全国清酒鑑評会受賞蔵」の幟がはためいている・・・いた?
酒林も掲げる立派な歌舞伎門の酒蔵で歴史も感じられる。
「千代鶴」がメイン・ブランドの酒蔵だが、今回は酒蔵の近所の高尾山を冠した純米酒。
甘め控えめ、雑味は僅か。純米酒でまったくの雑味無しは滅多に無い。あるのは高級酒だな・・・。
口あたりが軽いので「くいっくいっ」と飲めてしまい酒量が怖くなる。

販売店の品揃えだけに任すと、地元の地酒でも知らないままで終わりかねないのがこの「高尾山」で分かる。
もちろん、極めつけとまでは誉めないけれど、この酒は価格的にもお小遣いで変えるレベル。
近所の店で常備して欲しい酒のひとつだ。
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/301-2a12c3ab

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する