@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

松岡醸造 帝松

松岡醸造_帝松
埼玉県小川町の松岡醸造「帝松」だ。

こう書いてしまうと、ほとんど身も蓋もない!って感じの事なのだが、東京、あるいは近郊に酒蔵はある。昔はもっとあった・・・と聞く。
今でも半ダースを超える数の酒蔵はあるが・・・どこも旨くない。
許せるのは「屋守」くらいか?

比較的近所にも「金婚」で有名なはずの豊島酒造も、全銘柄を飲んだわけではないが「いただけない」と云う事は以前も書いた。
「澤の井」で有名なはずの小澤酒造も良くない。
蔵元に近い直営店の「いもうとや」で試飲した事もあるが「いただけない」。

小川町と云うと、埼玉県だが秩父ではない。
寄居の手前だが今だに都会ではない。
だのになぜか良く聞く名前なのだが、なにが有名ってワケでもない。
なぜ以前から知っているか謎の土地なのだ。

とは云ったものの、山沿いの土地だから水は良いのだろう。
米は他から運ぶものだが、水は地のもの使うはず。
地のものを使うから豊島の酒は良くないのだ。

Googleマップで「酒蔵」とキーワードを入れると、聞いた事も無い名前の酒蔵が検索できる。
だから以前から名前だけ走っていたのだが、最近埼玉県内の某スーパーに置いてあったこの酒を買ってみた。
純米でも吟醸でもなく、醸造アルコールを使用し尚かつ糖類も添加している、ある意味昔の2級酒か?
いやぁ〜しかし、これが悪い酒じゃないんだよ!
雑味無く、酸味も薄い中にほのかな甘味と旨味。絶妙だなぁ〜
軽快で嫌みがないからさらさら飲める。
安くて来んだけ飲める酒。
名前ばかりで対した事の無いものよりはるかに、はるか〜に良い。

おしいなぁ〜、某スーパーがもっちっと家の近くだったらっ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/300-d9bf0e44

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する