@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

渓流朝しぼり 限定純米大吟醸

渓流朝しぼり_限定純米大吟醸
いつも買っている長野県須坂は遠藤酒造場の「渓流朝しぼり」、その限定純米大吟醸酒だ。

遠藤の渓流朝しぼりは、常飲酒としてたいていは買い置きしている。
ただこの酒、度数は高いが糖度も高い。昔っからの雰囲気を残しているのだろうが、ちょっとその甘さに飽きて最近ではいろいろ他の酒蔵の酒を探して試してきていた。
その結果は、このブログの過去を観れば一目でわかる。

年末になると、毎年恒例なんだろう・・・ってーのはこの大吟醸、昨年末初めて購入したのだ。
昨年(一昨年)も、歳末になると予約募集があったような気もするが・・・と云う感じ。
で、どこの蔵でもそうなのだが大吟醸は高い。
だから早々は購入できない。と云うか、良くできた本醸造なら毎日の酒には充分なのだ。だから吟醸酒となれば、ちょっと気の向いた日に購入。そして、あっという間に飲んでしまう。
吟醸酒は口あたり良いからなぁ〜

「渓流朝しぼり」限定純米大吟醸は1000本限定だったかな?
本数はともかく、ロットは186番。結構早く予約したんだなぁ〜

飲みと云うと、いかにも遠藤っぽい。と云うより、杜氏の勝山氏の好みなんだろう、比較的強めの甘味とコク。大吟醸と云えども今時の流行のような、さっぱりとした水の如しではない。
酸味は非常に弱く、確実に甘味の方が勝っていて、純米ゆえのコクがある。
さっぱりしていてコクがある。コクはあるけどさっぱりしている。
純米大吟醸らしいと云えば、この酒の事なのだろう。
普段は見かけないタイプの酒であるのは確実。

日本酒ってい〜なぁ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/299-ffa92021

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する