@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

秩父小次郎 純米吟醸

秩父小次郎_純米吟醸
タイセー秩父菊水酒造・・・初めて聞く名前。
秩父は、西武池袋線沿線在住の人間には結構馴染みの土地のはず。
自分自身、過去に何度も行った事があるが、この蔵元の聞くのは初めて。
かなりの銘柄を飲んできたが、酒の世界は奥が深い。が、底は浅い。
地酒ブームの最近と云えど、やはり、旨くない酒も多いのだ。

蔵元の名前・・・株式会社であるけれど、蔵元なのだ。
越後杜氏の伝統を継ぐとあり、名前に菊水とある。
菊水と云えば「新潟」、って事は新潟系の蔵元なのね、
って事は、どう考えても外す事はない。
地酒ブームとなる以前は、菊水もずいぶん株が高かった。
今は以前ほどの評価はないけどね。缶入りの「ふなぐち」にはずいぶんお世話になったものです。

その菊水の系列ならば、外す事はあり得ない。
菊水を飲んでずいぶん久しいから、具体的に味は覚えてない。
でも、この秩父小次郎は本家に近いのだろう。

吟醸ゆえ、それらしく透明感があり、菊水らしいコクがある。
雑味はほぼ無いし、冷やの口あたりは正に吟醸酒。嫌みがない。
吟醸香は薄いが、ほのかな甘味とサラッとした口あたり。
食事と合うなぁ〜
これぞ、ワインに代わる食中酒!

世界に向けて、頑張れ清酒!
焼酎に負けるな清酒!
・・・そんな感じですなっ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/297-5a344b7d

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する