@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

千代田湖キャンプ場

パノラマ
調べてみると「千代田湖」というのは結構普通にどこにでも存在していて、目的のキャンプ場を探すには検索ワードの追加が必要だ。
千代田湖とだけ入れると、甲州の千代田湖の方がWikiで先に検索に掛かったりする。
バス釣りで有名らしいのだが、釣りはやらず単純にキャンプだけやりたい人にはこちらの千代田湖は役立たず。湖畔でキャンプは出来ない。

今回のネタとなる千代田湖は、Googleならば2番目くらい、観光協会のサイトとして掛かる。
名前をしぼらないと出て来ない、じみ〜なキャンプ場なのだが自分としては行く前からかなりの期待をしていた。
上記のサイトやマップから察する事の出来る情報が、僕の感覚にピクピクと反応するのだ。
「ここは良い場所出ぞぉ〜」とね。
もともと、食い物やからいろいろ、場所選びのセンスの良さは友人たちの間でも定評あるところ。大きく外したり、失敗!と云う経験は無い。
今回は、キャンプが主体ではなく、翌日の諏訪湖全国新作花火競技大会に行くため、早くに会場ゲートに並ぶため近くまで先乗りする事が目的。
諏訪に宿を取ると云う手もあるが、この期間は混むし高いしバカらしい。キャンプの方が全然趣味に合うわけだ。

木漏れ陽
有料テントサイトも炊事場もトイレも完備しているが、林間のテントサイトを使わなければ利用料無料!木立の中の木のテーブルは使いたい放題。水場もそうだ。ただし、沢から直接引いた水なのか、飲料には適さない。しかし、ちゃんとした洗い場があるだけで大助かり!

湖畔を走る道沿いに駐車場があり、湖畔の無料でテントを張れる場所までは歩きですぐ。雨でも降ってなければ荷運びも超楽だ。
炊事場があり、テントサイトがある林と湖畔の間はそこそこの広さの草地が広がる。
傾斜もかなり緩いので、テントサイトは無料のここで充分。人数にもよるが、テント8〜10張りにもなるとキャンプの場合混み過ぎな感じ?6張りくらいまでがベストでしょうなぁ〜
当日は、無料の湖畔ではベストポジションに先客一組。
われわれと2組4人では人声は一切響かず、静寂のなか鳥の声や虫の音だけが響く。
南アルプスの山脈に入るとばくちと云った場所ではあるが、標高は1300mとかなり高いしその分空気もきれい。
雲が切れて空が晴れた場合、夜空の星は降ってくるよう。
この星空だけを見に来ると云うのもキャンプの目的にしていい。
湖畔の草地に寝転ぶだけでOKだ。

アクセスとしては、中央自動車道・諏訪あるいは諏訪南インターから。伊那市に向かう杖突街道から、ゴルフ場の中央道晴ヶ峰カントリー倶楽部に向かう形となる。
ゴルフ場のすぐ向こう側という地理なので、林道を走る形になるが舗装はそれほど悪くない。

途中、杖突街道のカーブから絶景を拝む事ができる。
八ヶ岳 茅野から諏訪盆地
この風景だけでも行った価値はあるなぁ〜

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/279-2508277f

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する