FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

らーめん次男坊

らーめん次男坊
新小金井街道の玉川上水近く。なんと辺鄙な東京都内だ。

この辺り、随分以前からラーメン街道と呼ばれているが、決して環七のような様子ではない。
少し広めな通り沿いにまばらにラーメン屋が並ぶ。そんな感じ。
交通アクセスは最悪だ。
徒歩か自転車で来れない人は来なくて良し!
混まなくて客助かる、客が来なくて店困る(;^_^

九州出身者と思われる、国立駅近くの「麺場なっくる」の店主が修行したと云う「らーめん次男坊」。出すラーメンといっしょ、ご本人も九州…もしかすると博多出身かも知れぬ。

知識的な面からすると、完全な博多とんこつラーメンではない。
詳しく効いていない以上、想像だけで云えば「博多とんこつ系」のラーメン店だ。
ミルキー、と云うほどではない白濁スープに極細麺。
見た目のスタイルは博多系。
ただ、過去色々な店で食べた「博多とんこつ」よりもあっさりさっぱり。
コクが無いわけでなく、全体のバランスがあっさりなのだ。

博多とんこつを「中華そば」とは思わないが、次男坊のラーメンはとんこつ中華そばだ。
理屈を捏ねるとそんな感じ。
「なっくる」の方は、もう少し若者向け?多少コクが強い。

白豚麺+チャーシュー
白豚麺600円にチャーシュー100円をトッピング。
白豚麺はこの店のデフォ。煮豚形式のチャーシューと魚粉トッピングが"らしさ"をスポイル。別の言い方なら"新しさ"を出している。
プラスαのチャーシューは事前にバーナーで炙り、濃いめのタレに漬込んであるよう。
違うものを2種類。店主のアイデアかも知れない。

白豚麺+チャーシュー+豚めし
ランチタイムに行くと、豚めし(ミニチャーシュー丼)が無料。
他の店でも良く見かけるが、そうしたライバル店よりは、ちょっとみすぼらしいかな。
無料に悪口はバチ当たり。ごめんなさい。

これは本気、当たり前な事として書く。
博多とんこつは、その成り立ち上「替え玉」が当たり前。
全てが全てとは云わないが、元をただせば「〆のラーメン」だったわけで、人によってその減り具合はいろいろ。
だから〆にちょっとの人いれば、丸々一杯。あるいはそれでも足りないと云う人も。
そんな人たちに対応するには、基本の1玉を他のラーメンの6〜7割程度にしておくのがちょうど良い。
「ちょっと小腹が」の人には1玉、「ツマミ食ってないから丸ごと一杯」の人には2玉。
全然足りてない人には食いたいだけ。
そんな対応するには、1玉を少なめにするが良い。

だからと云う事でもないが、過去食した博多ラーメンの店は麺量が確実に少ない。
ここもそうだ。
その少なめな博多ラーメンが一杯600円。一杯当たりの設定は、他のタイプのラーメンより確実に割高だ。
考え方として、麺量7割で良い。その代わり一杯ワンコインにして欲しい。
そうなれば替え玉しても600円。これならば納得づくでトッピングも頼める。
他店の標準と同様の700〜800円程度出すと、この博多ラーメンと云うのはバリエーションが増えかなり楽しめる。と思う。

どうです!そこら店長。
デフォのラヘーメンは500円以下に抑えませんか?
さすれば客が増え、却って儲かりまっせ!
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/275-ffc504ec

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する