@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

吉乃川 吟醸・極上吉乃川

極上吉乃川_吟醸
吉乃川は新潟県長岡の酒。東京でも比較的入手が簡単な酒だ。
しかし今回の「極上吉乃川」は初めて見る銘柄だ。

吟醸酒だが、今時流行の"純米"ではない。醸造アルコールが添加されている。
純米流行の中にあっては、醸造アルコールは邪道に思う人もいるかも知れない。しかし、同じ銘柄でも清酒の場合、毎年の米の作柄が同じとは限らず、かならず同じ味同じ度数の酒が作れるとは限らない。
蔵元が、どう云う基準でアルコールを添加しているかは分からぬが、毎年同じようにリリースするためには度数の調整は大切な事だと思う。

この吟醸・極上吉乃川は「オレンジや木蓮の花の様なさわやかな香りと・・・」と裏書きされるだけあって、他には無い独特な爽やかな香りがする。
しかし飲み口は、サラッとしているがコクのあるしっかりした作り。吟醸酒であっても、このしっかり感が醸造アルコール添加のなせる技だ。
この酒に使用されている酵母の特徴が、オレンジの様な香りを醸す事なのかも知れないが、その代わりアルコールへの分解が劣るのかも知れない。
その為の醸造アルコールだと、当たりもしない推理をしてみた。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/264-86a5e516

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する