@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

美羽の初梅 純米吟醸

美羽の初梅 純米吟醸

埼玉県は秩父の(株)タイセー秩父菊水酒造所の酒だ。
秩父ならば水は良いだろうし、冬はかなり冷え込む土地なので清酒作りには最適と思える。
それじゃあ、南の方の温暖な地域じゃ酒造りは無理。四国や九州はどうなんじゃい!?と話しはなるが、四国・九州と云っても山沿いの冬は東京なんかより雪が多いはずだし、気温そのものも低いように聴く。
東京都内にも酒蔵は多数あるが…あったが、どれも西部の多摩地方にあり、特に有名な澤乃井は奥多摩の山の中だ。

秩父の酒は過去いくつか飲んだ事があると記憶するが、どれもほとんど印象に残ってない。
自治体は違うが、同じような地方同じような山地に面する澤乃井の酒は、昨年地元で蔵元直営のレストラン「いもうとや」で聞き酒をした。
う〜ん、これが水っぽく雑味も多く旨くなかったんだよ。
直営店でこれじゃぁねぇ〜東京近郊の酒はどれもダメと思いたくなる。
はたして、新潟の酒によく似た名前のこの酒はいかなる味か?

わずかな乳酸菌発酵のような甘酸っぱさを感ずる。
辛口ではないが、ベタベタとしないさっぱり感。
雑味は無く、淡麗とは違うさっぱり感。多少のコクのせいか?
冷酒がおススメと裏ラベルにあるが、単なる冷やでなく「かな〜り冷やした方が」より旨くなると思う。
純米酒として手抜かりの無い無難な酒に仕上がっているかな?
と云う印象。
出来の悪い酒にまず感ずる共通の特徴「水っぽさ」はない。
さりとて「この酒らしさ」がない。没個性か…
一週間かからず忘れるだろうな。

地元に近い酒蔵の酒と云っても、そう入手し易いものでもない。
もっと実力のある浦霞なんか、ずっと簡単に手に入る。
南国土佐の「酔鯨」だって、昨今どこでも手に入る。この酒よりずっと旨いしね、
まぁ、今回はお試しと云う事で…

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/260-e81e3f64

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する