@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

東京とんこつら〜めん龍

東京とんこつら〜めん龍(柳沢)
青梅街道沿い、西武新宿線西武柳沢駅が最寄りのこの店、小平や井草の支店は食べログには載っていてもここだけ掲載されていなかった。系列ではないから?店名はまったくいっしょなんだけどね。

まぁそれはともかくとして、数軒脇に一八亭と云うラーメン専門店があり、そちらには何度か行った事がある。
最初に行ったのはもう7〜8年は前?日本人の普通の兄ちゃんがやってたように思うが、数年空けて行ってみた時には中東系を思わせる…と云っても、アメリカかも知れないし、良く判らんと云う事ですが…中背のがっしり系の外国人が店に立っていた。
ラーメン屋の厨房に外国人!数年前から千歳烏山だっけ?あっちの方に米国人店主経営のアイバンラーメンと云う店も評判だし、まぁ珍しい事でもないのだろう。
店主が変わったかどうかは知らないが、一八亭は外人さんになってからラーメンの内容がガラッと変わったように思う。
以前も今も「そこそこ」と云うのが正直な話しで、リピーターになるほどではなかったと記憶する。

で、一八亭を知ったのと同じ頃からあった「東京とんこつら〜めん龍」は、いつかは一度…と思いつつ年月経ってようやく訪問。
外観はトタン張りにしたり古材らしいのを使ったり、今時風なオシャレな造り。内部も船舶用の照明等パーツを用いて雰囲気は出している…ラーメン店とは関係ないものだが。
券売機制では無いので、カウンターのみの座席に着席してからメニューから選んで注文する。
東京とんこつら~めん、龍ら~めん 、ドラゴンら~めん 750円、つけ麺、あぶらそば…メニュー数は少なく、ラーメな専門店の王道的な揃え方。
ドラゴンら~めん内容を想像し難いが、あとは名前だけでどんなラーメンか想像つく。
おそらくは「全部載せ」系であろう、店名を冠した「龍ら~めん」を注文する。
客は自分ひとりだけだったので、すぐに調理に入り待つ事3分程度、想像通りのラーメンが提供される。
龍ら〜めん
「とんこつ…」と云うので白濁スープを想像していたが、反して半濁の醤油を思わせるスープ。
味も、とんこつ風味よりマルチスープ的、トリガラらしい旨味も感じられた。
博多系のとんこつのようなあっさりさっぱりではなく、強めにとられたトリガラ的コクが前面に出た、他では食べた記憶の無い風味。化調っぽい味がこの風味を作っているような気もする。
中太麺はスープとの絡みも良く、ホロホロ過ぎない薄切りの炙りチャーシューも悪くない。
メンマも柔らかで、どんぶり全体のバランスも悪くない。
悪くないけど、やはり個性と云うほどの特徴が無いか…客が少ないのは、この決定打の無さなのか?

おそらくこの店は、夕方よりも昼のランチタイムの方が混むかも知れない。
学生向けのメニューもあるし、店前の青梅街道はトラック・ダンプ等業務車が多い上に路駐がきくほど道が広い。
きっと、入れ替わり立ち替わりで車が止まるだろうなと想像できる。
抜きん出たものがない代わり、丼ものと合わせればボリュームのある飯にはなる。
混まない事が却って「ご飯屋さん」と捉えるにはちょうど良いかも。
自宅から近ければ、たまに食べに行くんだがなぁ〜

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/258-5e8ad9dc

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する