FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

保谷 一喜

黒龍吟醸
あ〜っ…、まったくもって根拠の薄い江戸っ子の登場でございます。
昔っから「江戸っ子」つ〜のは、江戸に三代住んで初めて名乗れる…なんて話しがあります。
てめぇのじじいも江戸生まれの江戸育ち、それで初めて江戸っ子と名乗れるのだそうな。
ウチのじじいは熊本出だからおいらは江戸っ子じゃねぇかぁ〜…
まぁ、今は東京、江戸じゃぁございませんが…

食べログで知り、うわっ「近くにこんな評判店がっ!」と常々一度は食べに来たいと思っていた。
昨年末は、相方の誕生日に合わせて奥多摩の「丹三郎」をセッティングし、今回は自分の誕生日に合わせ自らセッティング。
吟味に吟味した曜日と時間帯。巧い事空いてる頃合いに行く事ができた。
一喜_店内_2
大泉学園の方から越してきたと云うこの店、店前はついこの前まで計画道路の予定地で、夏場は草ぼうぼうの空き地で、さぞかし見た目最悪立地で越してくるに勇気が必要だったろう。
しかし今は、道路建設も本格的に始まり将来的には「駐車場を用意しなくちゃ」と別の悩みも出てきそう。
計画道路完成後は、今まで無かった車でアクセスの客が増えるに違いない。
結論から言うと、それくらい旨かった!
一喜_店内
自家挽きの手打ちと訊いていたので、そばを食う前にまずは胃拵えのポン酒を一杯!
黒龍吟醸はちょっと上品すぎたか?と思いきや、
ここの二八せいろも上品で程よいマッチング。
よほど丁寧な仕事をしているのでしょう。
挽きも打も手抜きが無いのか、甘過ぎず辛過ぎずの麺つゆと相性も抜群!
「手打ち」を銘打っていても、多くの店はつゆが悪い事が多い。
…薄かったり…蕎麦においてあり得ないんですけど…妙に甘かったり…お前はうどんか!?
うどんに失礼ですな…
店主自ら、ちゃんとせいろで食べたかい?かけで食べたかい?
そう訊きたくなる店が多い。

一喜は、麺とつゆのバランス良く、それぞれが江戸っ子にはちょっと上品過ぎるか…と云う出来で大変美味でした!
また食べに行きます!
ごちそうさまっ!
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/247-fc713d93

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する